シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日本人が移民問題を理解する上で必見の良作

  • 僕の帰る場所
    ★★★★

     不法就労外国人を題材にした某テレビ番組の偏った内容が問題視される中、これはある意味で非常にタイムリーな作品だ。といっても、決して政治的メッセージを声高に叫ぶわけではない。主人公はごく平凡なミャンマー人一家。政情不安定な祖国を離れて日本で難民申請するものの、なかなか認められず却下の理由も教えて貰えない。生活のため不法就労せざるを得ない父親、いつ入国管理局に捕まるか分からない恐怖と不安の日々を送る家族。耐えきれなくなった母親は子供を連れてミャンマーへ戻るものの、しかし日本人として育ち日本語しか話せない子供たちは祖国に馴染めない。これからどんどん身近になる移民問題を理解する上で必見の良作だ。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 映画および海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で10年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)などの著作も多い。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク