シリーズ化を希望したい和製フィルムノワールの佳作

2018年11月14日 なかざわひでゆき アウト&アウト ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アウト&アウト

 漫画家・小説家・映画監督と多彩な才能を持つきうちかずひろ氏が、自らの原作小説を映像化した18年ぶりの長編映画監督作。皮肉屋で不愛想な元ヤクザの私立探偵が、とある依頼をきっかけに有力政治家の暗い過去と隠蔽工作を暴いていくこととなる。これぞまさしく和製フィルムノワール。『カルロス』や『鉄と鉛』の頃のハードなバイオレンス描写は影をひそめ、レイモンド・チャンドラーさながらのクールで渋い世界観に暖かな人情と乾いたユーモアを散りばめながら、裏社会に生きる日陰者や名もなき弱者の悲哀を浮かび上がらせる。苦虫を嚙み潰したような主人公・遠藤憲一と素直で聡明な少女・白鳥玉季のかけ合いも微笑ましい。シリーズ化切望!

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]