シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

これが中国政府の「国家礼賛」戦略なのですね

  • サイレント・ウォー
    ★★★★★

     トニー・レオン演じる共産党スパイ、ビンがすごすぎる! 超音波も聞き取れそうな能力で国民党の連絡網を打破していくのだ。デアデビルですか? ビンの活躍に美人スパイとの秘めた情熱や仲間内の裏切りなどを絡めて物語が進むが、どれもが「国家礼賛」に帰結するのが最近の中国映画の傾向だな。ビンが視力を失ったのは日本軍の攻撃の結果だし、美人スパイは自身の幸せより任務重視で愛する国家に全てを捧げるし。演じるジョウ・シュンがいい仕事をしていて危険度さらにUP。外国嫌いな国民増? 監督コンビも共産党内に潜む悪の存在をうやむやにしてるし……。エンタテインメント映画から透けて見える国家戦略に思いを馳せるのも一興。

⇒映画短評の見方

山縣みどり

山縣みどり

略歴: 雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況: リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

» 山縣みどり さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク