さらに、体感型シチュエーション・バトル

2019年3月3日 くれい響 PRINCE OF LEGEND ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
PRINCE OF LEGEND

「花より男子」の3.5倍にあたる14人の王子が集結するまでを描く「TVシリーズ」に続き、やっと「王子選手権」の幕が開く「劇場版」。今回も「黒崎くんの言いなりになんてならない」の松田裕子が脚本担当し、かなりの体感型で攻めまくる。そのうえ、メインの「選手権」は「東京ガールズコレクション」会場で、「キスマイBUSAIKU!?」ランキングを開催するような胸キュンシチュエーション対決! ガチなバラエティノリは悪くないが、今回もヒロイン役の白石聖が魅力的に撮られておらず。女子キャラの扱いが低いのは仕方ないが、やはり14人が取り合う説得力に欠けるし、「ハイロー」の苺美瑠狂ぐらいの存在感はほしかった。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『イップ・マン 完結』『追龍』『WAR!!!』『眉村ちあきのすべて(仮)』『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「シネマトゥデイ」にて菅井友香さん、「TV LIFE」にて伊藤沙莉さん、「CREA WEB」にて森崎 ウィンさんなどのインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]