シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

蜷川版『コックと泥棒、その妻と愛人』

  • Diner ダイナー
    ★★★★★

    さすがは蜷川実花。平山夢明の原作が、ここまで美しくスタイリッシュに変貌を遂げたことに驚きだ! ただ、そこで終わっているのも事実。藤原竜也の芝居のアプローチだけでなく、脚本に後藤ひろひとがクレジットされていることで、舞台らしさを狙っているが、密室劇としての閉塞感はイマイチで、クライマックスのいきなりワイヤーアクションもおざなり感強し。意識したと思われる『コックと泥棒、その妻と愛人』には及ばずといったところだが、アニメ的なキャラが渋滞するなか、『踊る大捜査線』の沖田以来のハマり役といえる真矢ミキに、★おまけ。ちなみに、「小栗旬の活躍は次回作『人間失格』で!」ということなのか?

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて長久允監督など、インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク