何度見ても胸がキュンとする珠玉のパペット・アニメ

2020年4月21日 なかざわひでゆき ミトン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ミトン

 『チェブラーシカ』の生みの親ロマン・カチャーノフのパペット・アニメーションといえば、どれもお洒落でノスタルジックで可愛らしくて、切なくて優しくて心温まる作品ばかりだが、中でもこの『ミトン』は何度見ても胸をキュンとさせられる。雪の降り積もる寒いロシアの冬、とある団地に住む幼い少女は犬が大好きだが、しかし母親に飼うことを許してもらえず、一人寂しく自分の赤い手袋と戯れているうち、その手袋が子犬に変身してしまう。孤独な少女のささやかな願いが生んだ、キラキラと煌めくファンタジーの世界。見る者の心の奥底に眠っている童心を呼び覚まし、忘れかけていた幼い日へと連れ戻してくれる作品だ。(レンタルDVDあり)

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]