ユニークな題材の核心部分に今ひとつ及ばず

2013年7月6日 なかざわひでゆき バーニー/みんなが愛した殺人者 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
バーニー/みんなが愛した殺人者

町で一番愛される善良な男が町で一番嫌われる意地悪婆さんを殺してしまった事件の顛末を描く。テキサスで本当にあった出来事らしく、そのあらましはなんともシュールで興味深い。そもそも、この善人バーニーが本当に心の底から親切なのか、それともただ単に善人を演じて周りからチヤホヤされたいだけなのかが怪しいところなのだ。意地悪婆さんマージョリーにしたって、欲の深い家族や親戚、世間に嫌気がさして性格の歪んだ孤独な老女にも思える。その辺のグレーゾーンな性格描写は芸が細かい。ただ、この作品は擬似ドキュメンタリー風のトリッキーな演出やシニカルなユーモアに偏り過ぎてしまい、結局主人公2人の素顔、彼らがお互いに惹かれ合いながらもなぜ惨劇に至ってしまったのかという内面的な核心にまで踏み込むことが出来なかった。ジャック・ブラックははまり役。演技陣が揃っているだけに、語り口の物足りなさが惜しまれる。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]