城桧吏、今後はアクションに挑戦したい 映画『都会のトム&ソーヤ』インタビュー

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『都会のトム&ソーヤ』で内藤内人を演じる城桧吏にインタビュー
ー見どころー
はやみねかおるの推理小説シリーズを実写映画化した冒険ストーリー。驚異的なサバイバル能力の持ち主と学校始まって以来の天才といわれる御曹司が、推理と冒険を展開する。主人公の内藤内人を『万引き家族』などの城桧吏が演じ、相棒の竜王創也には本作が映画デビューとなる酒井大地がふんする。メガホンを取るのは、『かぐや様は告らせたい』シリーズなどの河合勇人。
ーあらすじー
中学生の内藤内人(城桧吏)は下校途中にクラスメートで御曹司の竜王創也(酒井大地)を見かけ、彼の秘密基地のような空間「砦」の存在を知る。翌日、創也に誘われ内人が地下道の奥にある部屋へ行くと、そこには4人から成るゲームクリエイターユニットの栗井栄太(市原隼人、本田翼、森崎ウィン、玉井詩織)がいた。内人と創也は栗井栄太に挑発され、新作ゲームに挑戦する。
作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:machitom.jp
(C) 2021 マチトム製作委員会

[PR]

話題の動画

[PR]