イスラエル映画の知られざる実情を語る『オオカミは嘘をつく』舞台あいさつ

シネマトゥデイ 1,923回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

イスラエル映画『オオカミは嘘をつく』の舞台挨拶付き試写会が行われ、アハロン・ケシャレス、ナヴォット・パプシャド監督、アートディレクターの高橋ヨシキ、映画監督の高橋洋も来場した。

舞台あいさつでは日本で公開されることの少ないイスラエル映画についての質問が集中。イスラエルでは80年代にジャンル映画が死滅し、2009年にアハロン・ケシャレス、ナヴォット・パプシャドの両名がジャンル映画を復活させた。などのエピソードが披露され、出演者は関心しきりだった。

『オオカミは嘘をつく』
公開:2014年11月22日
監督・脚本: アハロン・ケシャレス / ナヴォット・パプシャド
キャスト:リオル・アシュケナージ、ロテム・ケイナン、ツァヒ・グラッド 他
cinematoday.jp
配給:ショウゲート
bigbadwolves.jp

映画の情報を毎日更新!
シネマトゥデイ
cinematoday.jp

シネマトゥデイ公式Twitter
twitter.com

シネマトゥデイ公式Facebook
ja-jp.facebook.com

[PR]

関連動画

[PR]