ADVERTISEMENT

【ほぼトークノーカット】磯村勇斗、早川千絵監督登壇!映画『PLAN 75』大ヒット記念舞台挨拶

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

磯村勇斗、早川千絵監督が登壇した映画『PLAN 75』大ヒット記念舞台挨拶の模様をほぼトークノーカットでお届け!

〜見どころ〜
オムニバス『十年 Ten Years Japan』の一編『PLAN 75』を、監督の早川千絵が新たに構成したヒューマンドラマ。75歳以上の高齢者に自ら死を選ぶ権利を保障・支援する制度「プラン75」の施行された社会が、その制度に振り回される。職を失い、「プラン75」の申請を考え始める主人公を倍賞千恵子が演じ、『ビリーバーズ』などの磯村勇斗、『燃えよ剣』などのたかお鷹、『由宇子の天秤』などの河合優実らが出演する。

〜あらすじ〜
超高齢化社会を迎えた日本では、75歳以上の高齢者が自ら死を選ぶ「プラン75」という制度が施行される。それから3年、自分たちが早く死を迎えることで国に貢献すべきという風潮が高齢者たちの間に広がっていた。78歳の角谷ミチ(倍賞千恵子)は夫と死別後、ホテルの客室清掃員をしながら一人で暮らしてきたが、高齢を理由に退職を余儀なくされたため、「プラン75」の申請を考える。

劇場公開:6月17日
作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:happinet-phantom.com
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C) 2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory / Fusee

ADVERTISEMENT

話題の動画

ADVERTISEMENT