シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: amazon「カーニバル」シーズン1のラスト近くまで視聴。移動式見世物小屋、実際に超常的能力を持った人物たち、明かされていく過去の出来事、と要素が揃ってついつい見てしまう。netflix「エイリアニスト」も配信開始。19世紀末、猟奇事件、まだ世間には認められていない心理分析捜査と、こちらも興味深いアイテムが揃って視聴中。

平沢 薫 さんの映画短評

全507件中1~5件を表示しています。 Next »
  • パティ・ケイク$
    パティのラップがカッコイイ!
    ★★★★★

     痛快! 主人公パティがイイ奴なのだ。貧困家庭育ちの肥満体で、白人で女子だけどラッパーになるのが夢で、周囲の黒人男子たちにはバカにされてヘコむけど、世の中を恨まない。車椅子生活のお祖母ちゃんが大好きで面倒をよく見るし、酒浸りの母親も軽蔑しない。デモ音源の録音費用のために熱心に働く。彼女は人間を愛するし、夢の実現のために動く。だから彼女の行動を見ていると、彼女が発するいい波動が伝わって来る。
     映像と音楽も、彼女の魅力に貢献。彼女が妄想を抱くと、彼女の美意識に合わせて映像のタッチがガラッと変わり、ラップのプロモ映像系の派手な極彩色になるのも楽しい。そして何より、彼女のラップがカッコイイ。

  • 君の名前で僕を呼んで
    初めての激しい恋のきらめきが眩しい
    ★★★★

     17歳の夏休み、北イタリア、緑に囲まれた別荘、溢れる日差し、そよぐ風、水面できらめく光。大学教授の父の助手としてやってきた魅力的な大学院生。と、もう道具立てが完璧。相手が同性であることは何の妨げにもならず、ただ初めての激しい恋の甘美さと切なさが描かれるところがいい。
     時代が80年代で、17歳の文系少年がトーキングヘッズのTシャツで、スポーツもする24歳の大学院生がサイケデリック・ファーズ好きという音楽ネタも。そして予告編でも流れるUSインディの人気ミュージシャン、スフィアン・スティーヴンスによる主題歌が魅力的。柔らかな音が、17歳の主人公の気持ちの揺らめきにそっと寄り添っている。

  • ロンドン、人生はじめます
    英国ハムステッド散策気分が味わえる
    ★★★★★

     映画の主役は原題の"ハムステッド"。ロンドンの北方、カムデン・ロンドン特別区にあり、この街最大の公園ハムステッド・ヒースと高級住宅街で知られるこの土地のさまざまな風景が描かれる。それを映し出す視点は、ダイアン・キートン演じるアメリカから来てここに住む主人公。これは、部外者から見た英国的な英国なのだ。公園の緑の柔らかさ、人間がこっそり暮らせるほどの広大さ。古風で瀟洒なお店が並ぶ静かな通り。そんな絵に描いたような英国の風景がウットリもの。そして、高級住宅に住む女性たちの微妙にイヤな感じも英国流。「ファントム・スレッド」のレスリー・マンヴィルが、上品なままコワい英国女性の真髄を味あわせてくれる。

  • レディ・プレイヤー1
    名作SFキャラ大挙登場は懐かしいだけじゃない
    ★★★★

    「AKIRA」のバイクやアイアン・ジャイアントなど懐かしのSFキャラが続々だが、それが懐かしいだけではないのが、本作の真髄。80年代SFキャラ大挙登場の表向きの理由は、このゲームの作者が80年代オタクだからだが、真の理由は、本作が80年代SF映画が持っていた"あるもの"を甦らせるためなのではないか。それは、今は言葉にすると恥ずかしい"未来への希望"といったもの。だから、本作の主人公は2025年生まれで80年代を知らないのに、80年代のヒーローたちが大好きで、彼らのように行動する。そしてアイテムの製作年とは関係なく、映像のスピード感、臨場感は、現在の最先鋭。この二者が見事に両立している。

  • さよなら、僕のマンハッタン
    このニューヨークには不思議な魅力がある
    ★★★★★

     この映画のニューヨークは、不思議な魅力を湛えている。質感は柔らかく、冷たさを感じさせない。いい感じの古本屋や喫茶店がある文系の街。監督はこの街を、実際のニューヨークとは別の"人々が抱いているイメージ通りのニューヨーク"を意図して描いたという。だから、実際にニューヨークのさまざまな場所でロケ撮影されていながら、特定の時代に属していないようにも見える。
     ある青年が父親の愛人に惹かれていくというストーリーだが、その背後にいくつもの物語が隠されていて、それが次第に明らかになっていく。かなり劇的な出来事もあるが、誰も大声は出さない。そういう物語が、この街の雰囲気によく似合っている。

全507件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク