シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: Netflix「レクイエム マチルダ・グレイの秘密」、ストーリーが、異常心理系なのかオカルト系なのか、どちらにも揺れるので、どこに収束するのか確かめたくなって見てしまう。amazon「ザ・テラー」、面白いのだが、極地の寒さがツラ過ぎて途中でお休み中。

平沢 薫 さんの映画短評

全531件中1~5件を表示しています。 Next »
  • パンク侍、斬られて候
    パンクの衝動と熱、そして爆笑の坩堝に巻き込まれる
    ★★★★

    「アナーキー・イン・ザ・UK」を聞くと無条件に高揚する、という症状をお持ちのあなたは必見。パンクの持つ衝動、熱、カオス、それだけではなく、イイ加減さ、トホホな感じ、実はカッコイイだけのもんじゃないところまでをたっぷり描いてくれる、これぞパンク映画。しかも爆笑できる。この笑いには、町田康の原作小説の文章をそのまま登場人物のセリフにするという演出の貢献度大。映画は、その笑いも、俳優全員による濃いキャラ怪演競争をも取り込んで巨大な坩堝と化し、大量の熱を放射してくる。監督は「爆裂都市 BURST CITY」の石井聰亙、現・石井岳龍。この方向の新作がもっと見たくなる。

  • ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
    あの伝説の瞬間が目撃できる!
    ★★★★

     ハン・ソロについて語られてきたさまざまな伝説が、実際はどんな出来事だったのか、それが目の前で繰り広げられて興奮せずにはいられない。しかもそれらの出来事には、ちょっとしたヒネリも加えられている。さらに、知られていなかった事実が幾つか明らかになる。これまでの名セリフを踏まえたセリフの数々に、思わずニヤリとさせられる。それだけでもう大喜びだが、そんな『スター・ウォーズ』ファン視点を気にしなくても楽しい冒険活劇。無法者のベケットや操縦士のリオ・デュラント、女性型ドロイドL3-37など、シリーズ初登場の登場人物たちはみなキャラが立ってて魅力的。夢を抱く一人の若者の繰り広げる冒険が、胸躍らせてくれる。

  • 死の谷間
    3人だけの心理劇に、多種多様な主題が潜む
    ★★★★★

     黙示録SFだが、核は静かな心理劇。登場人物はわずか3人、描かれるのは彼らの関係性のみ。そのように構成要素を必要最小限に絞りこんでいるのに、その物語には、同胞意識、恋愛感情、人種差別、宗教観など多種多様かつ複雑なテーマが盛り込まれている。
     彼ら3人の言動と行為は一致しないが、それは彼らの意識と無意識が同じものではないからだ。その二つの微妙な差異が、人物たちの表情や動作の微細な変化として表現されて、その積み重ねによって物語が紡がれていく。その背景に緑の生い茂る森がある。
     監督は「コンプライアンス 服従の心理」のクレイグ・ゾベル。映画を見終わった後に、長く余韻が残る。

  • ブリグズビー・ベア
    歪んでいても、大丈夫
    ★★★★

     歪んでいても大丈夫ーーーなんてことは実生活ではほとんどなく、なにかと面倒なことがあるのが現実だが、だからこそ、こういう「でも大丈夫」な映画が作られて目出度い。赤ん坊の時から世間と隔絶され、両親と暮らす家の中で、父親が撮影した着ぐるみのクマが主人公のオリジナル特撮シリーズだけ見て育つという、ある意味かなり贅沢な育ち方をした25歳男子が、自分の状況の真相を知った時、世界と折り合うためにどんな決意をするのか。その時、主人公の妹の男友だちに「スター・トレック」のTシャツを着たVFXマンを目指すSF映画オタクがいて、主人公と意気投合するという展開も嬉しい。マーク・ハミルが魅力的な役柄を演じている。

  • オンリー・ザ・ブレイブ
    ブローリンとブリッジスのオヤジっぷりを堪能
    ★★★★★

    「アベンジャーズ」のサノス役や、「デッドプール2」のケーブル役でジョシュ・ブローリンにシビれた新たなファンに、彼の特殊メイクなしの演技を味わうチャンス到来。ブローリンが、いい感じに練れて熟成期に入ったオヤジを演じ、すでに完熟期のオヤジを演じるジェフ・ブリッジス(こちらも今や「キングスマン2」のステイツマンのリーダー役でおなじみ)に若造扱いされたりもする。このオヤジたちのシブい味が堪能できる。
     基本は実話に基づく消防士たちの物語。だが、彼らを英雄として美化するのではなく、どこにでもいそうな人間たちとして描く。彼らがカッコイイ台詞を言ったりせずに、ただ仲間たちと仕事に取り組んでいく姿がいい。

全531件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク