シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 地元の藤沢で、同じ高校出身の大島新監督の『なぜ君は総理大臣になれないのか』凱旋上映。監督のトークのお相手を務めました。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭 さんの映画短評

全406件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 魔女がいっぱい
    原作者の魅力に忠実に、シンプルなエンタメの装いで後味は独特
    ★★★★★

    冷静に追えば何とも恐ろしいストーリーを、どこかイタズラっぽさと皮肉で「楽しさ」に転化する。そんなロアルド・ダールの持ち味を、正直に映像化した印象。子供向けのファンタジーとしても、大人の童話としても、両面で楽しめる。同じダール原作の映画で、ジョニー・デップのウォンカと比べると、今回のアン・ハサウェイの方が邪悪一直線でユーモアは少なめ。その分、「被害者」側の、動物と化す子供たちに素直に感情移入してしまう。
    魔女軍団の過剰なゴージャズさ、そしてフォー・トップス、ジェームズ・ブラウン、「We Are Family」など使用曲のポップな味付けで、魔法にかかってしまう幸せすら感じてしまう後味は独特かも。

  • 燃ゆる女の肖像
    物語に乗るまで時間がかかるが、稀にみる狂おしいラストへ…
    ★★★★

    前半は静かな展開で、ドラマのポイントがつかみづらい印象だが、中盤からクライマックスへ急激に高まる激情で、鑑賞後の余韻が異常レベル…という見本のような一作。
    肖像画を描く側と、描かれる側。交わす視線だけで表現する、高まっていく想い。そして初めて経験する愛への戸惑い。そこに監督の内に燃えさかる炎の心が重なっているのは明らか。18世紀の物語ながら、ジェンダー、セクシュアリティへの訴求が時に直接的に、時にさりげなく込められ、現代的な感覚を伴うのが本作の凄さだ。
    ラストは登場人物の視線、その方向が想像力を刺激。悲しさと、もどかしさ、わずかな幸福感の混じり合った感情に囚われ、しばらく身動きができなかった。

  • 劇場版『アンダードッグ』【後編】
    前編から観続けるか、時間をおいて観るかで印象も変わるかも
    ★★★★★

    「やっぱ、これだよな」とボクシングの魔力から逃れられない主人公の心情だけでなく、周囲の人間関係や、さりげなく笑いをとるシーンなど、前編以上に「ドラマ」が意識される。
    似たスタイルと状況で製作された『あゝ荒野』もそうだったが、前編のクライマックスが異様に盛り上がるだけに、この後編はそのテンションを超えられず。全体として、後編の闘いこそ主人公のすべてを懸けたものになるはずが、前編の死闘が幻影のように邪魔をする。作品単体としてはよくできている(それでも内容を考えると2時間半は長い)のに、2部作の中の立ち位置としては物足りない印象。
    ラストは素直に熱く感動させるので、とりあえずすべてを観届けてほしい。

  • 劇場版『アンダードッグ』【前編】
    ボクサーの肉体を「見せる」資質を実感。芸人の悲哀も痛い
    ★★★★

    噛ませ犬の立場でもリングの闘いにしがみつく、元ランク1位ボクサー。痛々しくも、やるせない姿が職業の枠を超え、誰もが有する「もっと輝きたい」本能に突き刺さる。演じる森山未來は感情を限りなく内に押さえ込んだ表情を貫くが、動き出せば一転、全身で体現するボクサーのフォルム、その美しさに惚れぼれ! ダンサーとしての能力が「肉体を見せる」ことに確実に寄与しているのだ。
    そして森山に負けないほど、中盤からグイグイくるのが勝地涼。落ち目になりつつある芸人の哀愁に加え、闘争本能にスイッチが入る瞬間は鳥肌モノ。
    パンチが入る音や、スローの使い方などボクシング場面の演出は的確を極め、テレビのヤラセも旨いスパイスに。

  • ホモ・サピエンスの涙
    美術館や画集で絵画を見ていたら、想像で動き出すような感覚も
    ★★★★★

    セットや背景、小道具のアナログへのこだわりが監督の作家性だが、もはやそれを「楽しむ」レベルを超えてしまっている。有名な絵画を模倣したシーンも、そこに「意味」を見出すのではなく、人物の配置など視覚的な美しさを追求しているようで、『TENETテネット』のごとく「考えるな。感じろ」と向き合ってほしい作品。
    唯一無二の絵作りと流れる時間には正直、戸惑う部分もあるし、どうでもいいほど共感できないエピソードも出てくる。今作の人と人の関わり方が「コロナ禍を予感したよう」なんて見方もできるけど、迫害や戦争、殺人という重い瞬間を日常の点景に入れ込んだ「無造作感」にこそ、人生や世界の真理を感じてしまうのであった。

全406件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク