シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: スターチャンネルの「GO!シアター」(無料放送番組)で映画を解説。今月は『ダンシング・ベートーヴェン』を熱く語りました。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭 さんの映画短評

全37件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 嘘を愛する女
    最近何かと出過ぎの高橋一生だが、これはかなりハマリ役では?
    ★★★★★

    目の前にいるこの人は、いったい何者なのか? ヒッチコックの名作『めまい』も連想させる、妖しきサスペンスと濃密なラブストーリーの混在は、とくに前半、的確な演出と編集によって味わい深い仕上がりになっている。その大きな要因は、高橋一生の持ち味と、演じる役どころの幸福なケミストリーのおかげか。やはりこの人、得体の知れないキャラクターに血肉を通わせる才能があるようだ。

    ただし中盤からは、映画全体の語り口が変調するので、そのあたり、物語の辻褄を合わせてスッキリしたいか、もっと妖しさに心をざわめかせたいかで、好き嫌いが分かれるかも。タイトルが示す、危険な運命に溺れる感覚は薄味かも。

  • 殺人者の記憶法
    韓国版『メメント』? 目の前の事件の「不確かさ」も巧妙
    ★★★★

    記憶をなくすので、自身の行動をメモにとり、録音する主人公が犯罪に巻き込まれる……という設定は、『メメント』と重なる。その意味で今作も観客を混乱させるシーンがいくつか登場する。これは実際に起こったことか。主人公の記憶違いか。あるいは夢か妄想か……。しかしこの混乱こそが、主人公の感覚と一体化させるわけで、映画の目的は見事に達成されている。

    やつれ具合が凄まじいレベルのソル・ギョングにも驚くが、娘の恋人になる警官役のキム・ナムギルの、爬虫類を思わせる薄気味悪さは、観る者の心に「しこり」となって沈殿する。物語における立ち位置を理解し、異様な存在感で最適な演技をみせた、これは好例と言える。

  • ダークタワー
    壮大な世界観で上映時間が95分。その結果……
    ★★★★★

    イドリス・エルバが、この映画の救世主になっている。時空を超える拳銃の名手という、カリスマ性を必要とされる役で、威厳、謎めいた存在感、ガンアクション、すべてが理想型だ。それに比べると、オスカー俳優のマコノヒーは何だか演技に迷っているような瞬間もある。

    7冊にもおよぶ原作を、シリーズ化を想定して取り組んだはずだが、上映時間が1時間35分。やけに駆け足で話が進む部分が目立ち、重要描写である時空の移動もサクサクという感じ。ゆえにスケールの創出や物語の深みに至らなかったのが残念。2時間くらいで、じっくり描くべきだったのでは? とはいえ、壮大な世界観をスッキリ&お気軽に観られるのも事実であります。

  • スリー・ビルボード
    映画ファンにも、これは「初体験」レベルの作品となる
    ★★★★★

    ある程度、映画を観続けている人は、新作に接してもだいたい予想の範囲内で展開されることに気づく。しかし、ごく稀に、不意打ちの衝撃を受ける作品に出くわす。これはそんな一作となるだろう。

    主人公の過剰な執念と、すべてのキャラクターに宿る人間らしさが、善悪のレベルを超えて渦巻きのように混ざり合う。物語はとことんダークなサスペンスで、生死ギリギリのアクション場面もあるのに、これほど笑える作品も珍しい。ジェットコースターのような緩急と勢いで突き進む、この快感! これぞ映画の醍醐味! 物語の知識は基本設定だけで止め、まっさらな気持ちで向き合えば、極上の後味を得られると断言したい。

  • デトロイト
    差別することで優位に立とうとする、人間の恐ろしい本能
    ★★★★

    今作が描くのは50年も前の事件。すでに遠い過去ながら、まるで現在を観ているような錯覚をおぼえる。それほどまで、人間は「学んでいない」という事実に震撼するのだ。
    異なる人種に対し、自分たちが優位であるという何の根拠もない自意識に頼ろうとする。これは人間の本能で、それゆえに人類は永遠に殺し合いを続けてしまうのか。
    被害者となる黒人たちと、彼らと一緒にいた白人女性にふりかかる悲劇は目を覆うほどだが、非人道的な行為に歯止めが効かなくなく白人警官たちの心情も「理解できてしまう」怖さ。そこに人間の真実があるのだと、徹頭徹尾、描写のリアリティを崩さないキャスリン・ビグロー監督は訴えている。

全37件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク