斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとしてさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 昨年に続いてトロント国際映画祭はオンラインで参加。導入はエイリアンものの「Encounter」、国民的人気TVジャーナリストをレア・セドゥが熱演する「France」、「ダンケルク」の若手俳優たちが愛欲ドロドロを演じる「Benediction」などが記憶に。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭 さんの映画短評

全568件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 浅草キッド
    似てないから素直に入り込め、最後は涙を流し続ける人もいるかも
    ★★★★

    柳楽優弥がビートたけしを演じる、やや意外性キャスティングが逆に成功。そっくり度合いに気を取られず、主人公の夢への苦闘にすんなり共感してしまう。劇団ひとりは、レジェンド芸人とその師匠へのリスペクトが全開で、登場人物すべてを愛おしく見つめる。シビアな青春&師弟物語でドヨーンとなりそうで、タップの練習シーンがミュージカルのようだったりと、軽やかなエンタメ的演出で気分を上げるメリハリも◎。
    基本は、時代から取り残された者が、別の才能の背中を押す物語なので、師匠側の視点で後半はド感動へなだれ込み、意外なほど素直に感動。
    ツービートのような毒舌&ブラックなネタは、もう出会えないかもという一抹の寂しさも。

  • ハウス・オブ・グッチ
    巨匠らしい重厚感と、ゴージャスな映像と、エグい一族争いと…
    ★★★★

    描かれることは世間を騒然とさせた大スキャンダルだが、巨匠の語り口は基本、冷静。そして突発的に辛辣でエグい。有名ブランドに、それぞれのプライドと距離感で対峙する一族に、異分子が入り込み支配を広げるプロセスを、的確なエピソードをつまんで描くので、ひじょうに見やすい作り。特に前半はシーン切り替えのテンポの良さ、イタリアロケ駆使の重厚感あふれる映像で「映画らしい映画」を観ている感覚。いい意味でベタな音楽の使い方も気分を上げる。
    上昇志向をちらつかせつつ、純粋に恋する女が、自分中心型の政治家のように傲慢&支配的になる変化で、ガガのどっしり感は異常レベル。堂々たる“ファッションショー映画”にもなっている。

  • ミラベルと魔法だらけの家
    新作ミュージカルとして、万全な構成と曲の楽しさ
    ★★★★★

    「アナ雪」のように際立った曲はないものの、全体の曲の構成が本格派ミュージカルの趣。コロンビアが舞台なのでスペイン語の曲も加わり、リン=マニュエル・ミランダが自身のルーツを表現しつつ、ミュージカル作家として現在、乗りまくってる勢いを感じさせる。特に力自慢のルイーサのナンバーには、ミュージカルアニメとしての楽しさが凝縮。
    基本的に、さまざまな魔法が使える家族の集まりなので、X-MEN的スーパーヒーローのように「何でもアリ」なノリではあるが、主人公ミラベルだけが、特別な能力をもたず、だからこそ特別な存在となる設定が、ストーリー上、効果的。映像は過剰なほどカラフル。ディズニーらしく、まとめ方も美しい。

  • パワー・オブ・ザ・ドッグ
    「男らしさ」の固定観念。解放への欲求と、その先に…
    ★★★★

    「男はこうあるべき」を過剰なまでに、呪詛のようにセリフや登場人物の行動にちりばめ、明らかにそこを批判する現代的テーマを、原作に忠実とはいえ1925年のカウボーイたちで堂々、かつ繊細に切り込むカンピオン監督の演出力に平伏す。
    『ピアノ・レッスン』と時を超えて重ねたくなる表現も頻出し、それらを発見するのも映画ファンには歓び。
    俳優では、『クーリエ:最高機密の運び屋』と続けて観ると、カンバーバッチが秘めた感情をいかに観客に想像させるのがうまいかを納得。そして『ぼくのエリ 200歳の少女』のリメイク『モールス』に主演した少年。外見はもちろん、カンバーバッチも軽々と挑発する演技巧者へ成長した姿にも感動。

  • モスル~あるSWAT部隊の戦い~
    正義や大義も消えていくカオスに、現場の一員として没入する
    ★★★★★

    冒頭からいきなり、緊迫の銃撃戦のさなかに放り込まれる。この感覚は、近年の戦争アクションの常套手段。その後もカメラがSWATのメンバーの視点で駆け巡ったりするので、戦場への没入レベルは高い。
    ISIS(イスラム過激派組織)と、SWAT、警察官の関係、つまり敵と味方が混沌とした部分もあり、それが作品全体のカオスにつながり、イラクの非情なリアルを体感させていく。正義や大義のない世界に呆然となるのは確実だ。
    さらに、中心人物である新人警察官が、これまた真意がどこにあるかわからず、俳優の演技もその奥の奥を想像させ、カオスを増長。これを顔なじみの俳優が演じていたら、作品の方向性が予定調和になっていたかも。

全568件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク