斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとしてさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 本年度から賞レースでの重要な前哨戦、クリティックス・チョイス・アワード(CCA)の投票に参加できることになりました。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭 さんの映画短評

全884件中1~5件を表示しています。 Next »
  • マダム・ウェブ
    ふつうに面白くちゃダメですか?
    ★★★★★

    ピーター・パーカーのおじさんの若き日など明らかにスパイダーマンへの伏線を揃えつつ、そこに深く踏み込まないスタンスで1本の映画として美しく成立。「未来が見える」能力を小出しにしながら、それに対峙し、利用する主人公の成長曲線は常套とはいえ共感度を高める。マーベルの飽和状態でよほどの傑作が誕生しないと評価されない…のも理解しつつ、素直にヒーローものとして楽しめるのでは?
    たしかにダコタ・ジョンソンに華がなかったり、クライマックスの重要なアクション場面のカット割りや編集が雑でもったいなかったりするが、4人のチーム結束へのプロセスが胸アツなのは間違いないし、00年代カルチャーのいろどりもテンションUP。

  • デューン 砂の惑星PART2
    映画という芸術を追いかけ、現時点での最高の体験へ
    ★★★★★

    SF映画が好きかどうか。また、日本では洋画離れが進んでるので受け入れられるか…。そんな杞憂も忘れ、ただひたすらに現在最高峰のビジュアルと、そこに生きる魂たちの狂おしい本能に浸っているだけで、至福の時間が過ぎていく。
    前作の記憶が多少失われていても観始めればこの世界、人々の関係が説明的ではなく染みわたるように甦る。そんな作りもアーティスティック。新キャストでは超冷血なオースティン・バトラーが最高で、予定どおり昨年末公開だったら助演男優賞の可能性もあったのでは?
    夕陽の美しさ、砂漠やスタジアムの目も眩む広大さ。巨大な物に対峙する勇気。何が起こっているか伝えるアクションの観やすさ。すべてが異常事態。

  • アバウト・ライフ 幸せの選択肢
    この手の作品が減っているので、砂漠のオアシスのよう
    ★★★★★

    結婚を考える若いカップルと、その親世代4人が織りなす、ラブコメとヒューマンコメディの中間くらいのジャンル。各人物の関係性を、できれば一切知らずに観た方が、本作の楽しさを存分に満喫できるかと。
    4人の実力派ベテラン俳優が余裕たっぷりの掛け合いに臨み、上質な舞台劇を味わっている感覚。中でもリチャード・ギアの軽やかさを極めた演技は、本作のうれしいプレゼントだろう。芸達者たちのアンサンブルを眺めていると、近年、こうした作品が急激に減少するハリウッドの現状に悲しくなったりも。
    それぞれの「結婚観」「人生観」が物語の粋なエスプリとして効果を上げているので、結婚について悩める人には多方面から参考になるはず。

  • コヴェナント/約束の救出
    アクション演出は秀逸。アメリカ批判と礼賛の複雑な境
    ★★★★

    得意の痛快さ、ユーモアを封印したガイ・リッチー監督だが、その分、自慢のアクション演出は全開に冴えわたる。要所でじっくり時間をかけて描かれるチェイスおよび銃撃戦は、そのアングルや編集の巧みさで臨場感と迫力が半端ではない。シンプルに戦争アクション映画として秀逸。
    ドラマの肝は、アフガニスタンの現地通訳アーメッドが損得勘定を忘れ、人間的精神で雇い主のアメリカ曹長キンリーの命を守り続ける流れ。ここに心が揺さぶられない人はいないだろう。
    アメリカ政府に対する批判的メッセージが込められたのは評価できるが、いくら敵とはいえ、タリバンの兵士たちが次々と虫ケラのように殺されていく描写には違和感が残ったのも事実。

  • コットンテール
    共感しやすい家族ドラマながら、かなり不思議な感覚も
    ★★★★★

    イギリスと日本の合作だが、キャストを眺めると「日本映画色」が濃厚。それぞれの役の感情も日本人の目線で違和感がない。その感覚で観ていると、物語の流れや、シーンとシーンのつなぎ、人物の時に唐突な言動で、どこか妙な違和感にも襲われる。日本に留学経験があるイギリス人監督の初長編というのが、そうした「感性」に表出したようで…。
    時代は特定されないが、スマートフォンではなくガラケーが多用され、少しだけノスタルジックな空気が漂い、そこにリリー・フランキーと錦戸亮の佇まいがしっくりハマる。おとぎ話のような温もりの中に、題材が題材なだけに、突如として生々しいまでの壮絶描写が入り込んできて、ちょっと驚いたりも。

全884件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク