シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: ブライアン・クランストン、ジュリエット・ビノシュと、偶然にも、かつて『GODZILLA ゴジラ』に出ていた人へのインタビューが続く。二人ともそれぞれ『犬ヶ島』『ゴースト・イン・ザ・シェル』『Vision』と、日本に縁の深い作品が続いてるのが不思議。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭 さんの映画短評

全86件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 女と男の観覧車
    舞台劇を観ているような美しい照明と俳優の動き
    ★★★★★

    ウディ・アレン監督が集中したのは、「舞台」を映像に移すことだったのかもしれない。ポイントとなるシーンでの、背景のセットにおける人物の配置や、セリフ回しなど、舞台を意識した演出になっている。特筆すべきは照明で、演技を続ける人物の心情を使えるかのように色や方向が変わるライトは、撮影の名手ヴィットリオ・ストラーロの匠の技も重なって、陶酔を与える映像が完成された。ただし、ストーリー自体に新鮮味が少なく、予定調和の枠を出ることはない。重要なパートとなるヒロインの孤独感に、何かのきっかけで深く没入できたなら、深い余韻に包まれる可能性はある。とりあえず監督は「物語」よりも「スタイル」を優先した感が強い。

  • ブリグズビー・ベア
    全体を覆う「やさしさ」に素直にほっこり
    ★★★★

    動機や目的はどうあれ、我が子が喜ぶものを必死になって作る。その親心が、まず切ない。本来なら犯罪者である両親を、そのように共感するキャラとして描くことで、この映画が徹底して「やさしさ」を追求しているとわかり、観ていて心地よい。

    テレタビーズを連想させるブリグズリーの番組に、やがて物語のメインとなる、主人公らの映画製作。そのすべてに貫かれる、完璧ではないアナログ的な愛おしさ。それが作品全体の魅力に直結するうえ、現場での作り手たちの嬉々とした表情まで想像してしまう。大げさに言えば、映画作りの「原点」を感じさせる逸品。シンプルに感動するラストも潔い。大物俳優たちのオーラの少なさも作品になじんでいる。

  • ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
    スピンオフとして、これは正当な作り
    ★★★★★

    『ローグ・ワン~』が、それに続くエピソード4に物語のバトンを渡す役割だったのに対し、今回の『ハン・ソロ~』は、あくまでも青年ヒーローの冒険ドラマとして独立性が高い。スピンオフとは、こういうものだという見本。冒頭、惑星コレリオの徹底的ダークな色調や、アクション見せ場の配置など、本シリーズとの距離は意識されている。点在するシリーズへのリンクでは、若きハン・ソロ役のオールデンが、立ち方や腕の位置など微妙にハリソンの癖を模倣して健闘。チューバッカやミレニアム・ファルコンとの遭遇というポイントに、ジョン・ウィリアムズのスコアが重なれば、本能的に心が震える。

  • スパイナル・タップ
    時を経て薄まったものと、今だからこそ愛おしいもの
    ★★★★

    オーソン・ウェルズの火星人襲来のラジオ放送にもルーツがある、偽ドキュメンタリー=モキュメンタリーを「極めた」点で、映画史に残ると再確認。舞台裏の過激なすったもんだは、その後に作られた多くの「バンド映画」に影響を与えた事実も実感できる。

    悩ましいのは、34年前の作品を「現在」観るという感覚。やはり全体に多少のレトロ感、古臭さはあり、時を経てカルト的な輝きは弱まったと感じる。それでも、明らかに刻印されているのは、スタッフやキャストがいかに楽しみながら作ったかという「現場感」(実態は不明だが…)。ゆえに最初から最後まで、現代の映画では希少となった微笑ましさ、そして愛おしさが溢れ流れるのだった。

  • メイズ・ランナー:最期の迷宮
    3部作の完結として、ドラマもアクション演出も的確
    ★★★★★

    前作からすでにタイトルのメイズ=迷路の実質的存在は消えていたが、この完結編では、主人公たちが乗り込む組織内での攻防が迷路的だったり、1作目の迷路のトラウマが要所で甦ったリと、作品の精神は受け継がれている。

    仲間が護送される列車と、それを車で追う主人公たち。列車が進む横方向と空に向かう縦方向を豪快に駆使したその冒頭シーンを筆頭に、要所のアクション演出には「移動」と「加速」が意識されており、アドレナリンを上げる効果は万全。この効果、最近のアクション大作では抜け落ちるケースが目立つので、今作の「的確さ」は際立つ。敵キャラの本音や、仲間のための自己犠牲、しっかりした結末など、全体のバランスも良い。

全86件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク