シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

 

今週のクローズアップ /~あなたは、ショーンちゃん派!? それともエディソンちゃん派!?~ 若手華流スター2人の人生を徹底比較!

日本のコミックを基にした映画『軍鶏shamo』で、狂気に満ちた格闘家を演じているショーン・ユー。香港でも、大人気の彼ですが、彼とともに香港映画界を歩んできたエディソン・チャンも、目が離せないスターの一人! そんなわけで、今回は正反対の人生を生きるショーンと、エディソンを徹底解剖してみました。

運命の出会い!? 『インファナル・アフェア』で、初共演!

 ショーン・ユーは、1981年香港生まれ、香港育ちの香港っ子。一方エディソン・チャンは、1980年カナダ生まれで、高校卒業までトロントに住んでいたというインターナショナル男子。


 生まれも育ちも対照的なショーンとエディソンが、初めて共演を果たし、香港映画界から大注目を浴びることになった作品は、ハリウッドでも映画『ディパーテッド』にリメイクされた映画『インファナル・アフェア』。この作品は、、トニー・レオンふんする、潜入捜査官としてマフィアに入り込むヤンと、アンディ・ラウ演じるマフィア組織から警察に潜入するラウの、数奇な運命を描いた物語。


 本作で、ヤンの青年時代を演じたショーンと、ラウの青年時代を演じたエディソンは、共に若手香港スターとして日本でも注目を浴びることになりました。


 優等生タイプのショーンと、ちょっとワルなエディソン。役柄と同じく、性格も正反対の2人は、香港映画界の若手ツートップとして『インファナル・アフェア』をきっかけに映画『ベルベット・レイン』『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』など、共演作も増えていったのです。


 ~関連記事~
インファナル・アフェア無間序曲』ショーンとエディソンの初インタビュー

 

真ん中のアンソニー・ウォンが、地獄の番人のようです

2人に共通しているのは、日本との意外な仲良し関係

 ショーンもエディソンも、日本とはとってもいい関係を築いています。2人が共演した『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』では、中里毅役と高橋涼介役という日本人の役柄を、ショーンとエディソンがそれぞれ演じました。2人とも日本が大好きなようで、お忍びで日本を訪れることもしばしばだとか。


 ショーンは、浜崎あゆみの「glitter/fated」のPVで、あゆと共演。本作のPV入りDVDに収録された『距愛~Distance Love~』は、約18分間のショートフィルムになっています。このショートフィルムは、曲のPRのために香港に渡ったあゆが、ボディガード演じるショーンと恋に落ちてしまう……というお話。ショーンは、あゆとのあつ~いキスシーンを演じています!


 一方のエディソンも、かなりの日本通!『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』で共演した鈴木杏とテレビ番組「恋するハニカミ!」で京都デートをしたり、『同じ月を見ている』で共演した窪塚洋介とは、インタビューで仲良しぶりを発揮したり……。『同じ月を見ている』では、あっという間に日本語をマスターしたそうで、流ちょうな日本語を披露しているのです。


~関連記事~
ショーン来日単独インタビュー『ベルベッド・レイン』
『ベルベッド・レイン』ショーン&エディソン特集
エディソン来日インタビュー『同じ月を見ている』

 

『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』では、みんなで仲良く来日!

かたや天国、かたや地獄!? 2人のLOVEの決定的な違い!

 最近アジア……いやいや全世界中をにぎわせたゴシップネタが、香港スターのプライベート画像流出事件。とある香港の若手俳優が、これまで浮名を流した女優たちとのプライベート画像が流出。とはいえ、本人は撮影しただけで、壊れたPCを修理に出した業者によって流出してしまったという、とっても悲劇的なお話なのですが……。まさにその当事者が、エディソン! あまりにみだらなお写真、お相手の女優さんたちの数、そして数千枚にのぼるという天文学的な枚数はパリス・ヒルトンも、コリン・ファレルも真っ青。生きるレジェンドのような存在となってしまった彼でしたが、前代未聞のこのスキャンダルには、香港メディアも騒然! 結果エディソンは、香港芸能界を引退するところまでいってしまったのです……。


 かたや、ショーンは兼ねてからうわさがあった、女優のエム・ウォンとの交際をさわやかに発表。何と3年越しの交際というラブラブぶりを、「恋人は誰なのか、交際しているのか、などという質問はもういらない。彼女と一緒にいるととても心地いい。そして、いつの日か結婚したい」と公の場で発表したそうです。

「エディソン、大丈夫かなあ……」

そして現在!ショーンは、『軍鶏 Shamo』で新境地を開拓!

 トラン・アン・ユン監督の映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン(原題)』で、ハリウッドスターのジョシュ・ハートネット木村拓哉イ・ビョンホンと共演を果たしたショーンは、今年、着実に進化を遂げています! 5月3日より公開される『軍鶏 Shamo』では、髪もまゆも金髪に染めて、いじめられっ子から狂気の格闘家へと変ぼうを遂げる役柄を熱演。敵役の魔裟斗に、「本気でやってくれ!」と頼み込み、ファイトシーンで本当にノックアウトされてしまったというんだから、その本気度は半端なもんじゃありません。PRのために来日したときも、「今まで出演した作品の中で一番のお気に入りなんだ!」と上機嫌に話してくれました。


 エディソンの方は、画像流出問題後、行方がわかりませんでしたが、どうやら現在はハリウッドにいらっしゃるもよう! カナダ出身の彼は広東語よりも英語のほうが上手だったのだから、ハリウッドに進出しても無問題でしょう! そして、何よりもハリウッドにはプライベート画像が流出してしまった先輩方がたくさん! 皆さん、引退することなく活躍しているので、エディソンにはぜひぜひハリウッドで頑張ってほしいものですね!


~関連記事~
魔裟斗、香港映画界の人気若手スターを殴った!?
華流若手スターNo.1のショーン・ユー、 魔裟斗に殴られ記憶喪失!?

ショーン、別人です!
(C) 2007 IZO HASHIMOTO / ART PORT INC. / PONY CANYON INC. All rights reserved

文・構成:シネマトゥデイ編集部

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 5月
  4. 2日
  5. 若手華流スター2人の人生を徹底比較!