シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『モンスト』が初登場1位!『君の名は。』は『ハリポタ』超えで歴代4位!【映画週末興行成績】

『モンスト』が初登場1位!『君の名は。』は『ハリポタ』超えで歴代4位!
『君の名は。』がついに興収205億円を突破! - (C)2016「君の名は。」製作委員会

 土日2日間(12月10~11日)の全国映画動員ランキングを12日に興行通信社が発表し、人気ゲームアプリの劇場版アニメーション『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』が初登場1位を獲得した。

002
大ヒットスタートを切った『モンスターストライク』! (C)mixi,Inc. All rights reserved.

 動員39万416人、興行収入4億3,961万2,800円をあげて初登場1位を獲得した『モンスターストライク』。映画館に行くと無料で限定ガチャが引ける“映画館がヤバい!キャンペーン”等、ゲームファン層向けのキャンペーンで普段映画を観ない客層を掘り起こしたことも、ヒットの一因になったと思われる。

 2週連続1位を獲得していた『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、順位こそ2位に落ちたが、先週末だけで動員約38万人、興収約5億6,600万円をマークし、興収別ランキングでは1位を獲得。落ちの少ない興行で好調をキープしている。劇場にはリピーターも数多く詰めかけており、19日間で動員289万2,812人、興収41億9,038万900円を記録。早くも興収40億円を突破している。

002
伝説のヒーローが集合する「仮面ライダー」映画がベスト3入り! 「エグゼイド&ゴースト」製作委員会 (C) 石森プロ・ テレビ朝日・ADK・東映

 5人の仮面ライダーがチームとなって人類の危機と対峙(たいじ)する『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』が3位に初登場。動員22万8,368人、興収2億7,568万1,300円を記録した。

 出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにした男の人生を描いた百田尚樹の同名ベストセラー小説を映画化した『海賊とよばれた男』が4位に初登場。岡田准一、山崎貴監督という『永遠の0』コンビが復活。動員22万4,397人、興収2億8,643万8,700円を記録した。客層の男女比は48.5対51.5とほぼ半々。年代別では50代が32.4%、40代が20.8%、20代、30代、60代が11%台となった。

 今週は5位と、16週目にして初のベスト3圏内から落ちた『君の名は。』だが、累計動員1,578万3,094人、累計興収205億1,357万6,300円を記録。『ハリー・ポッターと賢者の石』を抜いて、歴代興収ランキング4位となった。

 今週末は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』が公開。昨年は『妖怪ウォッチ』が『スター・ウォーズ』を破り世間を驚かせたが、今年はどのような結果になるのか。その他、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『ドント・ブリーズ』『風に濡れた女』『ヒトラーの忘れもの』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年12月10~11日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』:1週目
2(1)『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』:3週目
3(初)『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』:1週目
4(初)『海賊とよばれた男』:1週目
5(2)『君の名は。』:16週目
6(3)『ミュージアム』:5週目
7(4)『この世界の片隅に』:5週目
8(6)『劇場版 艦これ』:3週目
9(5)『疾風ロンド』:3週目
10(11)『溺れるナイフ』:6週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 12月
  4. 13日
  5. 『モンスト』が初登場1位!『君の名は。』は『ハリポタ』超えで歴代4位!