シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

公式サイト:http://www.bokuasu-movie.com/
ぼくは明日、昨日のきみとデートする
(C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年12月17日
(全国東宝系)
上映時間:
製作・配給:
東宝
製作:
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ / ジェイアール東日本企画 / KDDI / 研音 / 日本出版販売 / 博報堂 / GYAO
製作プロダクション:
東宝映画
カラー

見どころ:「学園とセカイと楽園(がくえん)」「君にさよならを言わない」などで知られる七月隆文の小説を基にした青春ラブロマンス。一目ぼれした女性と恋人同士になった美大生が、彼女の抱えている思いも寄らぬ秘密と向き合う姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、『ホットロード』『アオハライド』などの三木孝浩。『ストロボ・エッジ』などの福士蒼汰、『近キョリ恋愛』などの小松菜奈が、主人公のカップルを好演する。爽やかで切ない物語や、舞台となる京都の美しい風景も見もの。

あらすじ:京都の美大に在籍する20歳の南山高寿(福士蒼汰)。ある日、彼は電車で大学に行こうとしたところ福寿愛美(小松菜奈)という女性に出会い、瞬く間に心を奪われてしまう。高寿は愛美に声を掛けるが、高寿のある一言を聞いた途端に愛美は涙を流す。その理由を尋ねることができずにいた高寿だったが、その後二人は付き合うことになる。周囲からもうらやましがられるほど順調に交際が進み、幸せな日々がいつまでも続くと考えている高寿。だが、愛美から思いも寄らなかった秘密を打ち明けられる。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする
(C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

映画短評

  • くれい響
    ありえないラブストーリーに説得力を持たせる三木マジック
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『陽だまりの彼女』で“大林宣彦の後継者”として名乗りを上げた三木孝浩監督だが、まさに“時かけ”な原作に挑んだ本作。丁寧な演出はもちろん、お得意な光のマジックを駆使し、いろんな意味でありえない美男美女のラブストーリーに説得力を持たせてくれる。そのぶん、みなみ会館までロケしながら、京都の街並みが醸し出すベタな匂いは薄れてしまった感はあるが、そこは主演2人のキラーショットの数々に免じて…。美大いるいるな親友を好演する東出昌大だけでなく、山田裕貴に対して注がれる三木監督の愛情など、後々ジワる感じは、さすが大林チルドレン。back numberの主題歌も、『オオカミ少女と黒王子』のときよりハマってます。

ポスター/チラシ

  • 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ポスター
    ポスター
  • 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』チラシ
    チラシ
  • 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』チラシ
    チラシ
  • 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』「ぼく明日」  クリアファイル&30日間カレンダーシール
    「ぼく明日」 クリアファイル&30日間カレンダーシール

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原作: 七月隆文
脚本: 吉田智子
音楽: 松谷卓
主題歌: back number
製作: 市川南
エグゼクティブプロデューサー: 山内章弘
企画・プロデュース: 臼井央 / 春名慶
プロデューサー: 川田尚広 / 西野智也
撮影: 山田康介
美術: 花谷秀文
録音: 豊田真一
照明: 川辺隆之
編集: 坂東直哉
助監督: 清水勇気
製作担当: 鳥越道昭
装飾: 高木理己
視覚効果: 鎌田康介
スタイリスト: 望月恵
ヘアメーク: ワシダトモキ
スクリプター: 古保美友紀
音楽プロデューサー: 北原京子
プロダクション統括: 佐藤毅

キャスト

南山高寿:
福寿愛美:
林:
福寿愛美(15歳):
上山正一:
南山英子:
南山高守:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』★後先のことはいいから一目惚れで抱きしめて from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年12月19日 18時26分)
          作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169565/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   ・ 高寿(タカトシ) :福士蒼汰 ・愛美(エミ):小松菜奈   男性の一目惚れから始まった恋―― それだけで、恋心を、ドキドキさせてくれます。 (*^_^*) ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年12月17日 17時40分)
    実は複雑すぎる関係の2人? 公式サイト。七月隆文原作、三木孝浩監督。福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大、大鷹明良、宮崎美子。「ベンジャミン・バトン 数奇な人 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」こんな設定、哀しすぎる~! from シネマ親父の“日々是妄言” (2016年12月13日 23時24分)
    京都が舞台のラブストーリー。「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(東宝)。少々SFも混ざっています。この設定が、なかなか…。  京都の美大生・高寿(福士蒼汰)は、通学電車の中で見掛けた女性に一目惚れ。途中の駅で降りたその女性・愛美(小松菜奈)の後を追い、勇気を振り絞って声を掛ける。別れ際、再会の約束を取りつけようとする高寿に、なぜか泣き出してしまう愛美。やがて意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、幸せな日々を過ごしはじめる。そして初めてキスをした日、高寿は愛美から信じられないような大 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年12月12日の週の公開作品
  3. 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』