シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
(C) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
英題:
ROGUE ONE A STAR WARS STORY
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年12月16日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
製作:
ルーカスフィルム
視覚効果・アニメーション:
インダストリアル・ライト&マジック
カラー

見どころ:世界的に人気のSFシリーズ『スター・ウォーズ』のサイドストーリー。圧倒的な破壊力を誇る帝国軍の宇宙要塞デス・スターの設計図を奪うという任務を遂行した反乱軍兵士たちの戦いを追う。監督は『GODZILLA ゴジラ』などのギャレス・エドワーズ。『博士と彼女のセオリー』などのフェリシティ・ジョーンズ、『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカー、『偽りなき者』などのマッツ・ミケルセン、『イップ・マン』シリーズなどのドニー・イェンらが出演。帝国軍と反乱軍の戦争秘話が見どころ。

あらすじ:帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが……。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
(C) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    ただのスピンオフに止まらない秀逸な戦争映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

     SW世代&ハマーホラー・ファンとしては、たとえCGと分かっていてもターキン総督=ピーター・カッシングの復活には思わず目頭が熱くなったし、あのエピソード4へと繋がるクライマックスにも鳥肌が立つほど感動したが、しかしそれ以前に本作は単体の戦争映画としても手堅い出来栄えだ。
     必ずしも常に帝国軍=悪、反乱軍=善とは限らず。戦争というものの非人間性を強く浮き彫りにしつつ、それでもなお大義名分ではなく正義のために死を覚悟して戦いへ臨む人々の気高さを描く。悲壮感すら漂う凄まじいバトルシーンは圧巻。ただのファンサービス的なスピンオフには止まらない。

  • 中山 治美
    スピンオフの概念を変えてしまった快作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    娯楽と社会風刺の融合、シリーズへの畏敬を踏まえつつの進化した『シン・ゴジラ』同様の興奮をこんなにも早く味わえるとは。
    帝国軍VS.反乱軍を単純化して描くのではなく、命令で動かされていた人たちが自らの意思で立ち上がる展開にシビれる。
    主要キャストは、各地域の映画界を盛り上げてきた人たち。彼らを檜舞台に上げ、見せ場もきちんと用意した配慮がニクい。そんなところも”シンゴジ”とシンクロ。
    単体でも成立しているが、デス・スターの破壊力と彼らの死闘を目撃してから改めてエピソード4を再見すると、一層物語の深味が増す。
    何より今後、安易にスピンオフを作ろうとするシリーズにプレッシャーを与えた事は間違いない。

  • 平沢 薫
    普通の人々が個人として行動する新たな「スター・ウォーズ」
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ギャレス・エドワーズ監督の発言通り、まさに"普通の人々"の物語。"ローグ・ワン"を名乗るとき、彼らは反乱軍の一員としてではなく、個人として行動するのだ。そのそれぞれの個性、思いと行動理由もしっかり描かれて「スター・ウォーズ」史上もっとも人間の普遍的な感情に訴えかける物語が展開する。「エピソード4」直前なのでおなじみのメカや人物たちが続々なのも楽しく、同じメカでも戦闘空間全体のスケールと速度が「エピソード4」とは違う、現在のサイズ感とスピード感なのに興奮。ベイダー卿の登場のさせ方や宇宙空間でのある攻撃法など、随所に"監督がやりたかったこと"を感じさせるのも「スター・ウォーズ」続編として新しい。

  • 山縣みどり
    SWユニバースに出現した戦争映画!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    つなぎの物語が必要?と懐疑的な気持ちで見たけれど、ギャレス・エドワーズ監督に拍手。シリーズを敬愛しつつも彼の視点による戦争映画に仕上げ、さらにエピソード4『新たなる希望』にもしっかりとつなげている。特筆すべきは戦闘シーンの泥臭さ。空中戦やクローン戦は「戦争=生命が奪われる」観念が不足していたが、本作は生命だけでなく子供の人生や夢を奪ってしまう戦争の悲惨さをきっちり描く。また大義の前で小悪は許されるのかという難問や少年兵の苦悩も提示され、戦闘シーンかっけ~なんて言ってられなくなる。そしてやっぱりドニー・イェンと姜文の起用も大正解! 中国マネー目当てなのはわかるけど、華があるのだ。

  • 清水 節
    『帝国の逆襲』さえ凌ぐ!戦争活劇×父と子の物語×希望の神話
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     第1作が1977年に出現したときの衝撃と感動が甦る。フォースやジェダイを取り去り、“飛車角落ち”で勝負に挑む王者の風格。新キャラ中心でSW的なるものを追究し尽くす。黒を基調とした新ドロイドや新トルーパーの適確なデザイン性。復活を遂げるキャラたちの配置。SW愛に満ちながらも、ギャレスはJ.J.のように「踏襲」することに腐心せず、「破壊と創造」というリスクある冒険に挑み、ものの見事に成功している。善と悪に明快に色分けされた物語ではない。限りなくグレーで中庸に漂う人々が、命を燃焼させ世界の救済に資する希望の神話。フォースを“信じる”盲目の戦士ドニー・イェンの殺陣は、SW史上最高の勇姿と断言しよう。

  • くれい響
    カタストロフィから導かれる“新たなる希望”
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『エピ4』オープニングロールに流れる「反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功」し、“新たなる希望”が生まれる物語。主要キャラが『エピ4』以降に登場しないことでも分かるように、「どうカタストロフィを描くか」がポイントのため、破壊神=『GODZILLA』のギャレス・エドワーズ監督抜擢には納得。クライマックスの壮絶バトルは、アンチカタルシスな戦争映画を狙ってるが、『映画ドラえもん』のゲストキャラ的幕引きを魅せるKー2SOやBL臭漂うベイズ&チアルートらの姿は涙腺を直撃。また、パズルの最後のピースがハマったようなラストシーンの爽快感はハンパなく、中盤のタルい展開もチャラにする!

予告編・動画

ギャレス・エドワーズ監督が語った!『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』MovieNEX予告編
フォースを信じて!『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』日本向け予告編
『スター・ウォーズ』アナザー・ストーリー!『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』予告編 第2弾
『スター・ウォーズ』スピンオフ!『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』予告編

» 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ポスター
    ポスター

キャスト

キャシアン・アンドー:
チアルート・イムウェ:
オーソン・クレニック:
ゲイレン・アーソ:
ソウ・ゲレラ:
ボーディー・ルック:
ベイズ・マルバス:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の映画ニュース

  • ディズニーが進めているアニメーション映画『ピノキオ』(1940)の実写版から、『007 スカイフォール』『007 スペクター』のサム・メンデス監督が離脱した。The Tracking B...に輝いた。実写版の脚本を手掛けたのは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本家クリス・ワイツだ。 ちなみに『...
  • 映画『スター・ウォーズ』の新たな3部作の製作と、そのクリエイターが決定した。ルーカスフィルムによると、これは現在進行中の3部作ではなく、その次の3部作を、本年12月1...影が通例になっているからだ。昨年公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は映画完成前からかなりの量の再撮影が噂...
  • 禁断の臨死実験にのめり込む5人の医学生の姿を描いたサスペンスホラー映画『フラットライナーズ』が12月22日に日本公開される。 医学生のコートニー(エレン・ペイジ)が「...ン・オプレヴが務め、医学生の一人として『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のディエゴ・ルナなどが出演している。(...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • こうして「希望」は託された【映画レビュー】『ローグ・ワン: スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2017年1月26日 21時9分)
    かつて働いていた帝国軍から逃亡し、辺境の惑星ラ・ムーで妻子と共にひっそりと暮らしていた科学者ゲイレン・アーソでしたが、そこへ追っ手がやって来ます。 惑星をも破壊する最終兵器「デス・スター」の建造のために、帝国は有能なゲイレンの技術力が必要だったのです。 観念した彼は、妻子の存在を隠して単身で戻ることを決意しますが、それに我慢できなかった妻のライラは思わず飛び出してしまい、抵抗の末に無残にも射殺されてしまいます。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 from 元・副会長のCinema Days (2016年12月30日 7時48分)
    (原題:ROGUE ONE )別に観なくてもいい映画である。製作意図が不謹慎とも言えるもので、中身も弱体気味。特にキャラクター設定の練り上げ不足は如何ともし難く、ドラマがちっとも盛り上がらない。ストーリー自体も面白くなく、ホメるべき箇所が見つからないという、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 それは新しい考えか? from 映画のブログ (2016年12月25日 12時10分)
    【ネタバレ注意】  善と悪、正と邪、古より戦い続ける二つの勢力。その争いを背景に共和制を掲げる側と帝政を進める側が銀河系を二分して戦う時代。帝国側が開発した新技術により戦況は一変、帝国の勝利が濃厚になった。  帝国の新技術の秘密を手に入れるため、志願した者たちの一隊が帝国側に乗り込んでいく。生きては戻れないかもしれない危険な任務だ。  激しい戦闘を切り抜けて、遂に共和制側は新技術... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 from よくばりアンテナ (2016年12月24日 21時47分)
    フォースと共にあらんことを スター・ウォーズ・シリーズのサイドストーリーって触れ込み。 一番最初に公開されたエピソード4・「新たなる希望」の直前までの物語。 思ってたよりも好評価のようだったので、正月に観ようと思ってたけど前倒しで 観てきました。 あ、正月に観る映画がなくなった・・・ シネコンの割と小さめのスクリーンで。 席について時間になるまで待っ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』をIMAX 3D 字幕で観たよ! from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年12月21日 23時0分)
    フォースとともにあらんことを。今回ご紹介する映画:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 / 原題:『ROGUE ONE』 / 製作:2016年アメリカ / 上映時間:2時間13分オス ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年12月12日の週の公開作品
  3. 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』