シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
作品情報 | その他の作品のレビュー

土竜の唄 香港狂騒曲 (2016)

犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ潜入捜査官モグラの菊川玲二(生田斗真)は、日浦組組長・日浦匡也(堤真一)と兄弟の契りを交わし、思いがけず日浦組若頭に就任。そのころ、容姿・頭脳・人望もピカイチの警官・兜真矢(瑛太)が警視庁組織犯罪対策部課長に就任し、玲二の逮捕に動き始める。一方玲二は、最終ターゲットの数寄矢会会長・轟周宝(岩城滉一)からチャイニーズマフィア仙骨竜の撲滅と、轟と娘のボディーガードを任され……。


※[外部サイトの続きを読む]はシネマトゥデイとは関係ない 外部のサイトにリンクしています。

全3件中1~3件を表示しています。
  • 映画『土竜の唄 香港狂騒曲』★脚本:宮藤官九郎&敵役:菜々緒の魅力
    **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
    2017年1月9日 18時49分
        作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/170302/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   脚本:宮藤官九郎               ←期待☆ 主演:生田斗真 (=菊川玲二)  ←目当て☆   巡査が、ヤクザ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「土竜の唄 香港狂騒曲」:ますますハチャメチャ下品です
    大江戸時夫の東京温度
    2017年1月4日 23時04分
    映画『土竜の唄 香港狂騒曲』は、第1作に引き続き三池崇史のハチャメチャお下品パワ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「土竜の唄 香港狂想曲」
    ここなつ映画レビュー
    2017年1月4日 17時05分
    2016年は過去最高本数の映画作品を劇場で観た1年であった。(私にしては)サクサクブログをアップしたのもこれまた過去最高である。なので、どの作品を1年の締め括りとして最後に観ようか?というのは、割と重要な課題であった。本年の終わりに相応しく、自分らしく(ってそんな大仰なものでもございませんが)。そしてこの「土竜の唄」をチョイスする。疲れ果てた1年の終わり、くだらないこと山の如しの作品を観に行くのだ。なんと素晴らしい!もう感動も要らないし、深く考えることも手に汗握ることも恐怖に怯えることもしなくていいのだ。笑 ...[外部サイトの続きを読む]
全3件中1~3件を表示しています。
[PR]
スポンサード リンク
スポンサード リンク