『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』上白石萌音&千葉雄大 単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』上白石萌音&千葉雄大 単独インタビュー

戦隊ヒーローの経験が生きた!

取材・文:浅見祥子 写真:高野広美

妖怪ウォッチ誕生の秘密に迫る“エピソード0”や実写とのハイブリッド作など、毎回話題を呼ぶ『妖怪ウォッチ』。最新作の『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』はテレビアニメの主人公であるケータの娘ナツメと、孤独な日々のなかで心が闇に囚われてしまうトウマらが、人類滅亡の危機に立ち向かう壮大なスケールの物語。さらにあの鬼太郎の出演も!? 今回ゲスト声優として、主人公のナツメとトウマの声を担当した上白石萌音千葉雄大は、どのように本作と向き合ったのだろうか?

[PR]

微妙なさじ加減が求められる声での表現

上白石萌音&千葉雄大

Q:『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』のオファーを受けたときに、どのように思われましたか?

上白石萌音(以下、上白石):とてもワクワクしました。社会現象にもなったアニメの劇場版なので、まずはファンの方にどういう届き方をするのだろう? と楽しみになって。でも、その分プレッシャーも少なからずありました。

千葉雄大(以下、千葉):子どもたちの人気作品に声優として参加させていただけるのは、純粋にうれしかったです。声優は何度かやらせていただいているのですが、そんな「経験がある」というのもおこがましい。声だけだと半音違うだけで伝わる感情が変わってしまうので、微妙なさじ加減が難しかったです。

Q:上白石さんはその辺りは問題なかったのでは?

上白石:いえいえ! わたしもまだまだわからなくて、今回も声優の方々のすごさを実感しました。技術と感情表現と、その塩梅が絶妙なんです。声優さんというのは、声のトーンなどを楽譜のようにきっちり決めて演じられるのかと思っていましたが、瞬発力を発揮される部分もあって本当にかなわない。声優は今でも、いちばん緊張するお仕事です。

Q:本当ですか!? 声優も歌や踊りや舞台などさまざまな“声”の仕事の経験を積まれていらっしゃるので、驚いてしまいました。

上白石:本当です(笑)。今回も緊張しました。

千葉:戦闘シーンでのアドリブは、戦隊ヒーローでの経験が生かされる気がします。「はっ!」とか、「ふっ!」とか(笑)。懐かしいと思いながらやっていましたね。

Q:ナツメとトウマ、それぞれの役柄をどう思いましたか?

上白石:ナツメはケータの娘で、新しい妖怪ウォッチを継承するのですが、まさかそこに行く着くとは! という感じでしたね。血筋みたいなものがあるんだなと(笑)。ファンの皆さんの心を揺さぶる設定だと思いました。わたし自身はこれまで温厚な性格だったり、戦いが起きても我関せずだったりという役が多かったのですが、今回は先陣を切って戦いに行く強い女の子。戦闘シーンを演じるのも初めてで、「かっこいいってなんだろう?」と考えながら、息遣いや声の出し方を探っていきました。その場で体が動いても、映像と流れるのは声だけ。それでは伝えきれないものが出てくるので、やはり難しいです。

千葉:トウマは13歳ですが、監督からは「少年らしさはあまり意識せず、台本から生まれる感情で演じてください」とおっしゃっていただいて。でも僕は声が低いんですよ。それで28歳の自分を抑えてちょっと若い声にするという作業は少し必要だったかも。それと僕は鬼太郎たちの声が入った状態でアフレコをさせていただいたのですが、より「子どものころに観ていたあの鬼太郎と共演している!」という興奮がありました(笑)。

人生でいちばんの壁は、15歳で上京したこと

上白石萌音&千葉雄大

Q:台本を読んだ感想は?

千葉:まず起承転結がハッキリしていてわかりやすいですよね。それで後半に「みんなで一緒にがんばろう!」というシーンがあって、いいな~って。僕の大好物が詰まった台本でした(笑)。それでいて最初の方は現代らしい人間のエグい部分も描かれているので、共感できる方はたくさんいらっしゃると思います。トウマも根は優しい子なのですが、「さみしい」と口に出せない環境でふさぎこんでしまう。辛いだろうな……と思いながら演じていました。

上白石:わたしもまったく同じところで泣きそうになっちゃって。読んでいたら、ほろりと泣かされました。物語は緻密で派手で、地球を救えるかどうかの戦いが描かれる壮大なお話ですが、やはり人間ドラマなんですよね。ナツメとトウマら3人が出会って、影響しあって少しずつ変わり、最後はガシッと一つになって悪に立ち向かう。台本の段階から、きっと観ていて応援したくなる、一緒に闘っている気持ちになる映画になるだろうなと。だからこそ、台本を読んで自分が抱いた感情のままにやろう! と思ったんです。

Q:ご自身にはナツメやトウマのように、かけがえのない仲間と呼べる人はいますか?

千葉:いることを信じたいです(笑)。さみしがり屋なので人と会うことは大切にしているし、確かにそういう仲間はいますね。片手で数えられるくらいの数かもしれないけど。

上白石:大人になるにつれて、自分で意識して会う人って限られてきますよね。お互いに忙しくても絶対に会いたい! と思う人って、きっと一生続く縁だと思うんです。その会いたい気持ちは他のなにものにも代えられないし、なかったことにはできない。そういう人は大切にしないといけないなと、この映画であらためて思いました。たとえ心が闇に落ちても救い上げてくれる、見捨てないでいてくれる子って大事だなと。

Q:トウマは仲間の力を借りて大きな壁を乗り越えます。今までのご自身のなかでのもっとも大きな壁とはなんでしたか?

千葉:お仕事には毎回なにかしらの壁がある気がします。むしろ最近は、自分から壁をつくるようにしていますね。

上白石:なるほど……。

千葉:どの現場もお芝居だけになってしまうと、どこかに慣れが出てくるというか。例えばスポーツものならそのトレーニングをしながらお芝居するわけで、今はそんなふうにお芝居プラスアルファのあるものがいい。最近では舞台をやったのですが、舞台経験は浅いしアクションシーンもあって、それらがいい意味で壁になっていたのかなと。この映画の声優もそう。あまりに高い壁で、乗り越えられたかどうかはわかりませんけれども。

上白石:わたしは鹿児島県出身なのですが、東京へ出てくることがいちばんの壁でした。自分の田舎が大好きで、ゆるりと暮らしていきたいとずっと思っていたんです。鹿児島で結婚して子どもを産んで、そのまま一生を終えるのかなと。同世代の子が抱くような東京への憧れもなかったのですが、このお仕事を始めて少しずつ忙しくなって東京に出ることになりました。帰れる場所であるのは、変わらないですね。

千葉:何歳で上京したの?

上白石:15歳です。子どもでしたし……今もまだ子どもですね(笑)。

一反もめんに乗りたい!

上白石萌音&千葉雄大

Q:とり憑かれてみたい妖怪は?

千葉:小さいころに「ゲゲゲの鬼太郎」を観ていて、一反もめんに乗りたかったな~と、今回思い出しました。とり憑かれて一反もめんになるのはイヤですよ! 踏まれちゃったりするし(笑)。

上白石:創作してもいいですか?“朝シャキ~ン! と起きられる妖怪”にとり憑かれてみたいです。他力本願(笑)。

千葉:妖怪・枕返しっていませんでしたっけ?

Q:いるみたいです。でも枕を返して起こすんじゃなく、ただ枕を返すというイタズラをするだけみたいですね。

上白石:それがいい! でもそれだと起きられないから、布団もはいでほしいかも(笑)。

Q:完成した映画に、どのような手応えを感じていますか?

千葉:大人の方が観て楽しめるというのは、お伝えしたいところですね。アニメーションですし、子どもたちがお話の軸ですが、日常で抱くさみしさだったり、前向きの気持ちを持つことや仲間の大切さだったり、そうしたことは大人の方にも共感していただけると思います。

上白石:親子でぜひ映画館へ行ってほしい作品ですね。後半の戦闘シーンは小さい子たちの目にかっこよく映るはずですし、物語は緻密で、きっと大人の方の心にも響くはず。「妖怪ウォッチ」と「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪コラボもあって、世代を超えて一つの目的のために手を取ることの大切さという、親子へのメッセージもある気がして。きっと観たあと会話が弾むと思うので、寒い季節に、ぜひご家族で観ていただきたいですね。


上白石萌音&千葉雄大

インタビュー前の写真撮影には、今回ほぼ初対面だったという二人のほほえましいぎこちなさもあったが、そこは10歳ほど年上の千葉が柔らか~くリード。上白石のほんわかした雰囲気もあって、インタビューはとても平和な空気に。そんな彼らが演じるのはひるまずに戦いへ突き進むナツメと、心が闇に囚われてしまう孤独な少年トウマ。劇場版ならではの壮大なスケールとなった物語のなかで、二人の声が人間ドラマとしての奥行きを深めるはず。「ゲゲゲの鬼太郎」とのコラボもあって、お正月映画らしいにぎやかな作品になりそうだ。

(C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2017

『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は12月16日より全国公開

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]