『今夜、ロマンス劇場で』綾瀬はるか 単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『今夜、ロマンス劇場で』綾瀬はるか 単独インタビュー

私は流されるように生きるタイプ

取材・文:浅見祥子 写真:高野広美

映画監督を夢見る健司に、ある夜、奇跡が起きる。いつもの映画館で観ていた大好きなモノクロ映画のヒロイン・美雪が、肉体をともなってカラフルな現実の世界へ! 成り行きで奇妙な同棲生活を始める二人は恋に落ちるが、美雪には悲しい秘密があった……。『ローマの休日』の王女のような佇まいで凛とした美雪を演じたのは綾瀬はるか。心躍るファンタジーと胸締めつけられるラブストーリーが共存したこの映画にどう挑んだのだろうか?

[PR]

命令口調が強く響きすぎないように

綾瀬はるか

Q:本作の企画を聞いた印象を教えてください。

最初にお姫様役と聞き、台本を読むまでは「お姫様?」と思ってピンときていませんでした。でも台本を読んでみると、とても素敵なお話で。ほろっとする部分があったりして、やさしい気持ちになれる温かい映画だなと思いました。

Q:映画の前半、坂口健太郎さん演じる健司に対して美雪は、お姫様として毅然とした態度を取ります。そうしたシーンを演じた感想は?

楽しかったです、川に落とすところとか(笑)。ただ、美雪のセリフは強く響くので、強くなりすぎて「なぜ健司はこんな人のためにがんばっちゃうの?」と思われないようにしないといけないなと気をつけました。

Q:坂口さんは綾瀬さんとの共演の印象を「とても冷静な方」とおっしゃっていました。

そう、なのかも? しれません(笑)。たとえば美雪の口調でも、観ていただく方には「この二人が愛おしい」と最終的に思っていただかないといけない。そのために最初の方は、あまり乱暴な人に見えすぎるのはよくないなと。それでもある程度の王女らしさは必要で、その兼ね合いが難しかったです。いろいろと考えて演じ、撮影現場で監督に「いまのは怖すぎました?」と確認したりしていました。

Q:坂口さんとの共演はいかがでしたか?

坂口さん、どんな人だったんだろう?……やさしくて、いい人でした。撮影現場では北村(一輝)さんや監督にイジられていて、そういうキャラになりやすい、やさしい人なのかなと思ったんです。北村さんからナルシストキャラに設定されていて、「いま『バラを差し出すオレって格好いいだろ?』と思いながら演じていただろ!」などとツッコまれると「バレちゃいました?」とノリながら返されていて。

Q:ご自身はそういうとき、坂口さんにどんなツッコミを?

えっ私!? 私はそれを見ていて最初は本気なのか冗談なのかわからなくて(笑)。「ちゃんと、姫に渡す気持ちでやってもらっていいですか!?」とお姉さんっぽくというか……坂口さんは6歳年下なので。でも私自身はツッコミをすることに慣れていなくて、うまくイジれていなかったかもしれません(笑)。

観終えたあとに温かい気持ちになる映画

綾瀬はるか

Q:完成した映画を観た感想は?

映画がまずワーナー・ブラザースの「WB」が大写しになったモノクロの画面から始まるので、どこか日本の映画ではないような気持ちになりましたね。そして「映像がキレイだな~」って。あの時代の衣裳、坂口君のキャスケットとかもとてもおしゃれですよね。そうした画だけでも十分に見応えがあると思いました。それでいて確かにファンタジーなのですが、そこに描かれる人間ドラマがすんなりと心に入ってくる。悪い人が出てこなくて、誰もがまっすぐでやさしい。応援したくなる登場人物ばかりで、観たあとに温かい気持ちになる映画だなって思いました。

Q:撮影しながら完成した映像が浮かばない場面も多かったのでは?

そうなんです。映画を観ていてそこも面白かったです。モノクロ映画から現実の世界に飛び出した美雪だけが、カラーの世界の中で白黒だったりするのが「なんかいいな。おしゃれだな!」って。ざっくりしすぎですか? すいません(笑)。

お姫様が女子になる瞬間

綾瀬はるか

Q:美雪と健司が下す決断、後半の展開に驚きはありませんでしたか?

撮影のとき、美雪が初めて健司に本心を打ち明ける場面を読んだときは「むむむ……」と思いました。それまで健司に対してはずっと命令口調だったのに、急に「健司……」と女子になるので「おっと!」と思って(笑)。少し照れくささのようなものがあったかもしれません。

Q:美雪の場合はかなり特殊ですが、ご自身は女優であることが恋愛面で障壁になったことはありますか?

見られる仕事であるがゆえに普段も自由に、オープンにはいられないことかもしれません。恋愛でなくてもそうで、あまりひどい格好で外を歩けないとか(笑)。いつもどこかで人の目を気にして、どんなときでもちゃんとしていなくちゃいけないなと思ったりする。私だけかもしれませんけど。

Q:そのことにはさすがに慣れていますよね?

そうですね。ただ映画やドラマなどでカップルが待ち合わせをするのを観ると「ああ普通はこんなふうに待ち合わせをするんだな。それってどれほど開放的な気持ちなのだろう?」と思うことがあります。待ち合わせってしてみたい! と(笑)。クリスマスの街でツリーの前で待ち合わせをしたりして「待った? 遅れてごめんね!」みたいな(笑)。

30代として揺れ動く胸の内

綾瀬はるか

Q:以前「30歳くらいで辞めるのかもしれないと漠然と思っていたけど、『八重の桜』で面白い仕事だと改めて気づいた」とおっしゃっていました。

最近また、いつまで続けられるのかな? と考えるようになりました。女優さんの中には「おばあちゃんになるまでやりたい」と強い意志を持つ方もいますが、私は流されるように生きるタイプで(笑)。そんなふうにしか物事を決められないのかもしれません。なるべきときには自然とその流れになるのかなと思って。女優という仕事は、お話をいただくから続けられるわけで、自分が「いつまでやる」と決められる仕事ではないのかなと思ったりします。儚い仕事ですよね。

Q:それでいまは揺れ動いている時期だと?

そうなんです。年齢的にも30代はたぶんあっという間でしょうし。ただ考えていても仕方がないので、とりあえず目の前にあることを楽しんでがんばる! 結局はそれしかないというところに行き着くんです。決めようとしても、きっと決められないし。だから「どうしたいの? これでいいの?」と自分の心の声をちゃんと聴くことかなと思っています。

Q:心の声をちゃんと聴いてその声に正直に生きることって難しそうですが?

そうですよね。だからそこはまた、自分を取り巻く状況をいろいろと考えてしまうんです。でもたぶんなるようになります。心が動いて「絶対にこうしたい!」と思ったらそうなるだろうし、「あれもこれも大事だし、これは失いたくないし……」と思っているときは、なにかを決めるときではないのかもと思っています。

Q:仕事以外でもそうですか? 以前「結婚願望はある」とおっしゃっていましたが?

結婚こそそうなのではないでしょうか? きっとお相手のタイミングもあるでしょうし、この仕事は自分勝手に結婚出来るわけではないのかな? とも思います。それはもういろいろ考えます。

Q:30歳前後、いわゆるアラサー女子は誰でも揺れる気がします。いつかは子どもも産みたいしとか。

そうなんですよね。でもまずは結婚しないと!「いまはもうちょっと仕事をがんばろう、がんばりたい……もうちょっとだけね」という感じです(笑)。

Q:そうやってずっと続けているかも?

そうですね。綾瀬さん、結局結婚しなかったね! っていうパターンもありますね。出来れば結婚したいと思っていますけど(笑)。


綾瀬はるか

その日の綾瀬は風邪気味だったのか、少し鼻声になった自分の声を面白がって歌を歌い始めたり、アニメキャラのモノマネをしたり。ナチュラルな無邪気さで周囲を明るくしていた。スタッフからは笑いが起き、ああだから彼女のまわりには人が集まるのだなと感じた。話し始めると肩の力が抜けた佇まいはそのままで、ときにトボけて笑わせるが、その芯に揺るぎない信念を感じさせる。多くの映画やドラマで主役を担ってきた人の頼りがいのようなものまで感じる。それでいて年齢を超えたかわいらしさとの共存を目の当たりにし、まさに「選ばれた人」なのだなと改めて実感。そんな彼女だからこそ、「モノクロ映画から飛び出したお姫様」という現実離れした役を体現出来たのかもしれない。

映画『今夜、ロマンス劇場で』は2月10日より全国公開

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]