シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
今夜、ロマンス劇場で
(C) 2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2018年2月10日
上映時間:
製作:
フジテレビジョン / ホリプロ
制作プロダクション:
フィルムメイカーズ
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

見どころ:『海街diary』などの綾瀬はるかと、『ナラタージュ』などの坂口健太郎を主演に迎えたラブストーリー。映画監督を目指す青年と、スクリーンから飛び出した、長年彼の憧れだったお姫さまとの不思議な恋愛模様を描く。『のだめカンタービレ』シリーズなどの武内英樹がメガホンを取り、脚本を『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』などの宇山佳佑が担当する。

あらすじ:映画監督志望の健司(坂口健太郎)は、映画館「ロマンス劇場」に通い詰めていた。彼はそこで一人の女性と出会うが、彼女こそ健司がずっと恋い焦がれてきたスクリーンの中のお姫さま・美雪(綾瀬はるか)だった。美雪はモノクロの世界から抜け出して、色にあふれた現実の世界を満喫するが……。

今夜、ロマンス劇場で
(C) 2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    2次元キャラを愛し抜く覚悟はあるかと問う、切ない寓話
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     高度成長期に、銀幕の中から現実世界にやって来た憧れのヒロイン。モノクロームな彼女と青年とのぎこちない恋が、半ば回想的な劇中劇として進行する。設定や約束事のディテールをもっと詰めるべき…と、かつて脚本を書いたという病床の老人にツッコミを入れながら観ていると、名作映画のサンプリングで構成されたツギハギだらけの物語の様相は徐々に変化する。これは、往年の映画への愛を語るようでいて、実はファンタジーが蔓延した現代のメタフィクションだ。生身の女性を選ぶことなく、虚構に耽溺することを選ぶ男を通し、リアルを放棄して2次元(2.5次元)キャラを生涯愛し抜く覚悟はあるかと問う、切なくも恐ろしい寓話である。

  • なかざわひでゆき
    映画愛に溢れる暖かなファンタジー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     古いモノクロ映画の中から飛び出してきたお姫様と、しがない映画助監督の青年のラブストーリー。明らかに『カイロの紫のバラ』にインスパイアされた物語だが、舞台を日本映画黄金期の’60年代初頭に設定し、『ローマの休日』から『狸御殿』シリーズまで様々な古典映画へのオマージュを盛り込むことで、映画愛に溢れる暖かなファンタジーに仕上がっている。
     その一方で、ファンデーションを塗っただけにしてはヒロインの肌艶が自然過ぎだし、毛髪にまで色が付くのは変だし、涙を流すと目が赤く充血するし。ファンタジーだからこそ些細な描写は重要だ。また、時代の空気感を十分に再現しきれない点は、日本映画ならではの課題だと言えよう。

  • 平沢 薫
    50年代映画のプリンセスの可憐と気品が甦える
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     監督は「綾瀬はるか史上、一番美しい綾瀬はるかを撮りたい」と意図したとのこと、それは実現できたのではないか。50年代映画のプリンセスの可憐さと清潔な気品が、現代という時代からも、現実という場所からも切り離されたところに創り出されて、まばゆい光を放つ。ヒロインの造形は予告編やポスターを見れば一目瞭然、「ローマの休日」「パリの恋人」など50年代のオードリー・ヘプバーンのイメージで、25着に及ぶ衣装もみな50年代ファッション。そこに日本のお転婆お姫さま映画「狸御殿」シリーズの雰囲気がプラスされているのも楽しい。ポスターを見てきっとこうだろうと予想した通りの物語が、そのまま描かれていくのが気持ち良い。

  • くれい響
    みどころは、新旧ハンサムガイ共演。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『僕の彼女はサイボーグ』を溺愛する人間としては、『ひみつのアッコちゃん』など、綾瀬はるか主演の“異形の愛シリーズ”として評価したいが、やっぱりムリです。ムリなんです! なにしろ、『ローマの休日』にしか見えないお姫様が、『カイロの紫のバラ』と同じくスクリーンから飛び出し、『カラー・オブ・ハート』ように色鮮やかに変化するという話を、堂々と“オリジナル”と言い切ってしまうのはいかがなものか。オチの展開も『~サイボーグ』にも影響を与えたロビン・ウィリアムズの某作に見えてくるし、全編を通して「なぜ、今?」感が付きまとう。なので、ハンサムガイな北村一輝と加藤剛を観るための映画として割り切った方がいい。

予告編・動画

映画『今夜、ロマンス劇場で』予告編
映画『今夜、ロマンス劇場で』特報映像
綾瀬はるか&坂口健太郎“ガラス越しキス”シーン!映画『今夜、ロマンス劇場で』映像
北村一輝から目が離せない!映画『今夜、ロマンス劇場で』ダンス映像

» 『今夜、ロマンス劇場で』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009

(C) 2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『今夜、ロマンス劇場で』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督:
脚本: 宇山佳佑
音楽: 住友紀人
主題歌: シェネル
製作: 石原隆 / 堀義高
企画・プロデュース: 稲葉直人
プロデューサー: 上原寿一 / 菊地美世志
アソシエイトプロデューサー: 大澤恵 / 根本智史
ラインプロデューサー: 宮崎慎也
撮影: 山本英夫
照明: 小野晃
録音: 加藤大和
編集: 松尾浩
衣装: 宮本まさ江
衣装デザイン(綾瀬はるか): 伊藤佐智子
ヘアメイク: 豊川京子
ヘアメイクデザイン(綾瀬はるか): 中野明海
装飾: 茂木豊
スクリプター: 渡辺美恵
VFXプロデューサー: 赤羽智史
ミュージックエディター: 小西善行
サウンドエディター: 伊東晃
助監督: 洞功二
制作担当: 嘉藤博 / 松原剛

キャスト

美雪:
牧野健司:
成瀬塔子:
俊藤龍之介:
山中伸太郎:
吉川天音:
本多正:
病室の老人:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『今夜、ロマンス劇場で』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 今夜、ロマンス劇場で 評価と感想/介助しない孫の正体 from eigamanzaiの映画レビュー (2018年3月3日 17時37分)
    加藤剛さんがリアルです ☆3.5点 フジテレビ製作によるオリジナルストーリーの作品で、モノクロ映画のヒロインと撮影所の助監督の青年を巡るラブファンタジー。 監督はフジテレビディレクターの武内英樹、主演に綾瀬はるか、坂口健太郎、共演に本田翼、北村一輝 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 今夜、ロマンス劇場で映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報:『海街diary』などの綾瀬はるかと、『ナラタージュ』などの坂口健太郎を主演に迎えたラブストーリー。映画監督を目指す青年と、スクリーンから飛び出した、長年&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「今夜、ロマンス劇場で」:綾瀬はるか<本田翼じゃね? from 大江戸時夫の東京温度 (2018年2月24日 1時7分)
    映画『今夜、ロマンス劇場で』は、ちょっとした映画ファンなら皆さん、「ああ、『ロー ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ネタバレ】「今夜、ロマンス劇場で」@ワーナー・ブラザース内幸町試写室 from 新・辛口映画館 (2018年2月10日 20時7分)
    「シネマズby松竹」さん独占試写会。元々1月22日開催の試写会であったが、当日は大雪で延期となっていた振替試写会だ。客入りは9割位、ほぼ女性客ばかりだ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「今夜、ロマンス劇場で」の試写を見て from toomilog (2018年2月2日 9時48分)
    映画「今夜、ロマンス劇場で」の試写を見てきました。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月5日の週の公開作品
  3. 『今夜、ロマンス劇場で』