シネマトゥデイ

『3D彼女 リアルガール』中条あやみ&佐野勇斗単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『3D彼女 リアルガール』中条あやみ&佐野勇斗単独インタビュー

初めて会った感じがしなかった

取材・文: イソガイマサト 写真:高野広美

発行部数145万部(デジタル売上を含む)を誇る那波マオの同名人気コミックを、映画『ヒロイン失格』の英勉監督とその最強スタッフで映画化した、爆笑純愛ラブコメディー『3D彼女 リアルガール』。少しツンツンしたリア充の超絶完璧美少女・五十嵐色葉と、アニメやゲームのバーチャル世界に没頭するオタク高校生の“つっつん”こと筒井光の恋の行方を描いた本作。色葉と“つっつん”になりきった中条あやみ佐野勇斗が、初めて共演した本作の楽しい撮影の裏話を、まるで昔からの友だちのように仲よく話した。

[PR]

想像と違っていたからすぐに打ち解けられた

中条あやみ&佐野勇斗

Q:原作コミックは読んでいましたか?

中条あやみ(以下、中条):今回のお話をいただいてから読んだんですけど、私が演じさせていただいた色葉はスタイルがよくて、めちゃくちゃ美人で、ヤンチャだった過去もあるモテモテの女の子だったので、お芝居のレベルも高そうだなと思いました(笑)。

佐野勇斗(以下、佐野):僕も漫画は好きなんですけど、少女漫画は全然読まないから原作の存在は知らなかったんです。でも、今回のお話をいただいて読んでみたら、純粋にめちゃくちゃ面白くて。僕が演じた“つっつん”もオタクだけど、いい奴だし、色葉はめっちゃ可愛いし、これをやるのはちょっと楽しみだな~ってずっと思っていました。

Q:おふたりは本作が初めての共演ですが、お互いにどんな印象を持っていましたか?

中条:(少年のようにはしゃぎながら写真撮影を続けていた佐野を見ながら)実はあんな人なんですけど(笑)、音楽活動もされていると聞いていたので、会う前はアーティストみたいな感じなのかな? って思っていました。

佐野:(ちょうど撮影を終えて)実はこんな人です(笑)。

中条:とってもフレンドリーだったから、すぐに仲よくなれましたね。

佐野:でも、それは僕も同じですよ。正直、「私、モデルで女優なのよ」っていうオーラをバンバン出していると思っていたんだけど、こんな感じだったから……。

中条:「近所のお姉ちゃんみたい」って言ってたよね(笑)。

佐野:そうそう。「たまに会う、近所の世話焼きのお姉ちゃんみたい」って(笑)。

中条:焼きたくないわ(笑)! でも、親戚のお姉さんに私は見た目も中身も似ているんだよね?

佐野:そう。親戚のお姉ちゃんなんだけど、その人に似ているから初めて会った感じがしなかったですね。

人間味あふれる美少女、引っ込み思案なオタクをそれぞれ体現

中条あやみ&佐野勇斗

Q:色葉も“つっつん”もとても個性的なキャラクターですけれど、演じる際にはどんなことを心がけられましたか?

中条:色葉は人を外見ではなく、中身でちゃんと判断できる女の子だけれど、自分の気持ちを相手に伝えるのが得意ではない不器用な一面もあるんですよね。ただ、色葉は漫画でもすごく可愛いんですよ。どの表情もどの仕草もすべて可愛いから、可愛く見えているのか、可愛い表情になっているのかは常に意識して。いままでは、自分がどんな風に映っているのかを気にしてお芝居をしたことはなかったんですけど、そこを考えながら、人間っぽい演技をするのが難しかったです。

佐野:僕は、友だちが大事だったり初対面の女性に話しかけるのが苦手だったりして、“つっつん”と似ているところが多いから彼の気持ちはけっこう分かるんですよ。それだけに、今回は初めの方と最後の方のギャップを大きくしたかった。何もできなかった“つっつん”が、色葉や周りの人たちのおかげで、だんだんカッコいい男の子に成長していくように演じたいなとは思っていましたね。

Q:オタクっぽさを出すためにどんな工夫をしましたか?

佐野:挙動不審と言うか、分かり易い動きがあった方がいいなと思っていたので、昔から大好きな『電車男』の映画版とドラマ版を両方見直して、これは使えるなと思ったお芝居を参考にしました。例えば、最初の方の名前を聞かれたときのヘンなリアクションとか、感情の起伏が激しかったり、自分の興味があることに関してはバーってすごいスピードで喋ったりするところなどにそれが顕著に表れています。

中条:あれは本当にオタクだった(笑)。

佐野:いい感じだった?

中条:いい具合だったから、ちょっと引いていた(笑)。

佐野:狙い通りだ(笑)。

現場はどのシーンもネタ披露のお笑い合戦

中条あやみ&佐野勇斗

Q:ふたりのシーンの撮影で印象に残っているエピソードを教えてください。

中条:色葉と“つっつん”の息が合わなくて、そのせいでプールに一緒におちるシーンは、一発勝負だったからちょっと緊張感もあったけれど、面白かった(笑)。

佐野:それこそ、英監督が本当に自由にやらせてくれる方で、「とりあえず、やりたいようにやってみろ。その方が面白いから」って言ってくれたから、僕は毎シーン、毎シーン、ネタ披露みたいな気持ちでやっていた(笑)。

中条:笑わせ合戦みたいな(笑)。私はそこまで笑わせるお芝居はしてないけど、クールなポジションでボケツッコミのツッコミに集中していました(笑)。

Q:撮影現場で、いちばん大笑いしたシーンは?

佐野:清水尋也くんの演じた高梨ミツヤの顔が色葉に殴られてパンパンになるシーンがあるんですけど、あそこの過剰な動きはすべて尋也くんのアドリブで(笑)。彼が本番で毎回いきなりそういうことをやってくるし、それが面白過ぎるから僕が笑っちゃってNGを何回も出したことがありました(笑)。

Q:中条さんは、“つっつん”のお父さんを演じた竹内力さんに追いかけられるシーンで……。

中条:うわっ、出た(笑)。

佐野:あれは笑った。

Q:怖がらなきゃいけないのに、めちゃくちゃ笑ってますよね。

中条:まさか、あの素で笑っているテイクが使われるとは思わなかった。

佐野:力さんも追いついちゃダメなはずなのに……(笑)。

中条:追いついちゃダメだよね! 私が転びそうになったら……。

佐野:前に行っちゃったもんね(笑)。

中条:そう。でも、それでも走らないといけないと思って走っていたら、もう可笑しくなっちゃった(笑)。

ひとつのことに熱中できるオタクは素敵

中条あやみ&佐野勇斗

Q:僕は笑えるシーンではないけれど、大事なシーンの撮影のときに、ポーちゃん(中条のニックネーム。本名のファーストネームが「ポーリン」)が助けてくれたのを覚えている。

中条:ああ、ハロウィンのシーンね。

佐野:中盤の辛いシーンと、クライマックスのシーンを同じ日に一緒に撮影したんです。あのとき俺、1回集中できなくてヤバかったんです。

中条:リハーサルをやり過ぎて……。

佐野:そうそう。段取りから気持ちを入れ過ぎて、泣き過ぎちゃって、本番でよく分からなくなっちゃったんだけど、そのときにポーちゃんが何か言ってくれたんだよね。

中条:え~、忘れたの~?

佐野:いやいや、覚えてる、覚えてる(笑)。ひとりで隅っこの方で「ヤバいな~」って言ってたときに来てくれて、「落ち着いて」とか「大丈夫だよ」みたいな……あれ、何て言ったっけ?

中条:私もあんまり覚えてないけれど、言われた方が覚えていないってどういうこと(笑)?

佐野:あの言葉に救われたんだけど、何だっけ?

中条:すごく悩んでいたから、「想いはもう十分伝わっているし、いまのままでいいよ」って言ったような気がする。撮影が進まないんだもん(笑)。

Q:ところで、おふたりはオタクの人のことをどう思いますか?

中条:自分もコレクション癖があるし、けっこうオタク気質だったりもします。熱中できるものがあるのは素敵なことだと思うので、私はオタクに賛成です。

佐野:よかった! 俺が喜ぶのもヘンだけど(笑)。

Q:ちなみに、何を集めているんですか?

中条:幼少期のころは石を集めるのが好きでした(笑)。

佐野:石?

中条:そう。クリスタル系の石とか……でも、拾った石も集めていた(笑)。

佐野:それは、ちょっと分かる。俺もたまにそういうことして、玄関に飾っていたりするから。

中条:それはヤバい奴じゃん(笑)。

佐野:二十歳になってやっているのはね。

中条:それはヤバいよ。大人になった方がいいよ(笑)。

佐野:そうだよね。じゃあ、いまは集めてないの?

中条:うん。でも、それは自分の欲求を抑えているだけ。本当は集めたいな(笑)。


中条あやみ&佐野勇斗

撮影中のエピソードを楽しく飾らない言葉で語った中条と佐野は、まるで弟の話を嬉しそうに聞いている姉と茶目っ気のある弟のようだった。そんなふたりの息がピッタリの会話から、映画『3D彼女 リアルガール』の面白さが伝わったはずだ。だが、原作コミックが描く“美女とオタク”の爆笑純愛コメディーという特殊な設定を生身で体現するのはそんなに簡単なことではない。それを成立させて、原作やアニメ版のファンの人はもちろん、リア充の人も2次元が大好きな人も楽しめるものにしたのは、間違いなく、中条と佐野の若々しい感性と表現力の豊かさだ。

映画『3D彼女 リアルガール』は9月14日より全国公開

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]