シネマトゥデイ

白い刻印 (1997)

2000年6月24日公開 114分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
白い刻印
(C)1997 LARGO ENTERTAINMENT, INC.

見どころ

『タクシードライバー』の脚本家で、人間の心の奥底に潜む暗い情念や暴力性を描くことにより、独特の地位 を確立してきたポール・シュレイダー監督。その彼が、父と子の対立をテーマにしたラッセル・バンクスの「狩猟期」を映画化。主演には執念深いタフな男を演じれば天下一品のニック・ノルティ(『シン・レッド・ライン』)。また、アル中の父親役を演じた大ベテランのジェームズ・コバーン(『ペイバック』)は、本作でアカデミー賞助演男優賞を獲得した。

あらすじ

雪に閉ざされた小さな町で警官をしているウェイドは、妻とも離婚し、酒浸りの父グレンにも嫌気がさして辛い日々を過ごしている。そんなある日、鹿狩りの最中に起きた一件の事故死に疑いを持った彼は、独自に調査を始めるが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
AFFLICTION
製作国
アメリカ
日本語字幕
林完治
配給
  • 株式会社東北新社
ドルビーSR/カラー/ヴィスタ・サイズ
(新宿シネマ・カリテ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]