シネマトゥデイ

19 (2000)

7月14日公開 82分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
19

見どころ

海外の様々な映画祭で絶賛され、三池崇史ら国内の実力派監督たちにも熱く支持された作品。実話を基に大学生の奇妙な拉致事件を描く。脚本、監督、出演の三役を果たしたのは弱冠24歳の渡辺一志。TVドラマ「ビーチボーイズ」の川岡大次郎が主役を演じ、アラン・ドロンの吹き替えでお馴染みの名声優、野沢那智が映画初出演をしている。犯人たちと拉致された大学生の危うい関係がザラついた映像の中でクールに描かれる。

あらすじ

見知らぬ男(渡辺一志)に道案内を頼まれた大学生の宇佐美(川岡大次郎)は、唐突に男 とその仲間に拉致されてしまう。だが男たちはこれといった目的もなく宇佐美を連れ回すのだった。いつしか宇佐美は彼らに連帯感を抱くようになる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
カラー
(テアトル新宿)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]