光の雨 (2001)

12月8日公開 130分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
光の雨

見どころ

1972年に起きた連合赤軍事件を、同年代に学生運動を体験した『TATOO(刺青)あり』の異才・高橋伴明監督が映画化。事件をモデルにした立松和平の同名小説の映画化に挑む、若手俳優や監督の葛藤を浮き彫りにした青春群像劇。“総括”と称して仲間に集団リンチを加える様子は凄惨だが、事件の単なる再現ではなく、小説の映画化を劇中劇として描くスタイルが新鮮だ。劇中組織の幹部役の山本太郎、祐木奈江、池内万作が見せる、狂気へと迫ってゆく迫真の演技は必見。

あらすじ

若手映画監督・阿南(萩原聖人)は映画『光の雨』のメイキングを依頼される。CMディレクター・樽見(大杉漣)の初監督作品だという。キャスティングされた20名以上の若手俳優たちは、当時の若者の行動に戸惑いながらも役作りに励むが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シネカノン
ヴィスタ/ステレオ
(渋谷シネ・アミューズ 池袋新文芸坐ほか全国)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]