ヴェルクマイスター・ハーモニー (2000)

6月29日公開 145分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヴェルクマイスター・ハーモニー

見どころ

ハンガリー人作家、クラスナホルカイ・ラースローの小説「抵抗の憂鬱」を映画化した映像叙事詩。移動サーカスがやって来た町の人間模様とやがて引き起こされる暴動を、2時間25分の長尺に37カットという驚異的な長回しのカメラワークで描く。監督は、7時間半の大作『サタンタンゴ』で注目を浴びたハンガリーの鬼才、タル・ベーラ。陰影に富んだモノクロ映像が印象深い本作は、人気映画監督、ジム・ジャームッシュやガス・ヴァン・サントが絶賛している。

あらすじ

郵便配達夫・ヤーノシュ(ラルス・ルドルフ)が暮らすハンガリーの田舎町に、巨大なクジラの剥製を呼び物とする移動サーカスの一座がやって来た。一座のゲスト、プリンスという謎の男の煽動的な言動により、町に不穏な空気が流れはじめ……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
WERCKMEISTER HARMONIAK
製作国
ハンガリー・ドイツ・フランス
配給
  • ビターズ・エンド
モノクロ/ドルビーSR
(ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]