シネマトゥデイ

笑う蛙 (2001)

7月6日公開 96分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
笑う蛙
(c)2001「笑う蛙」パートナーズ

見どころ

直木賞作家・藤田宜永のエロティシズム溢れる恋愛サスペンス「虜」を映画化。一組の夫婦と彼らをめぐる人々が繰りひろげるしたたかな駆け引きを、シニカルなユーモアを交えて描く。監督は、『愛を乞うひと』で各映画賞を総ナメにした平山秀幸。納戸の節穴から妻の情事を覗き見る夫役に『東京夜曲』の長塚京三、妻役を『うつつ』の大塚寧々が独特の存在感で好演。雪村いづみやミッキー・カーチス、國村隼ら曲者揃いの共演陣がみせる、色と欲の絡んだエゴの応酬が滑稽だ。

あらすじ

元エリート銀行マンの倉沢逸平(長塚京三)は不倫、横領の挙句に失踪し、指名手配中の身。ある日、実家の別荘で暮らす妻・涼子(大塚寧々)のもとへ逃亡生活に疲れた逸平が逃げ込んできた。逸平は離婚届を書くことを条件に、別荘の納戸に匿われ……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • オフィス・シロウズ
  • メディアボックス
カラー/ビスタビジョン/DTS
(新宿武蔵野館)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]