シネマトゥデイ

イノセント・ボーイズ (2002)

9月21日公開 104分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イノセント・ボーイズ

見どころ

天才作家クリス・ファーマンの処女作にして遺作でもある自伝的作品を映画化。二度のオスカーに輝く名女優ジョディ・フォスターが製作に名を連ね、14歳の少年たちの友情や初恋、そして若さゆえに冒す危険を捉えたフレッシュな青春ムービーを作り上げている。主演は映画初出演の新星エミール・ハーシュ。共演には『サイダーハウス・ルール』のキーラン・カルキン、『海辺の家』のジェナ・マーロンらが当たっている。憎まれ役で出演するジョディの抑えた演技にも要注目。

あらすじ

カトリック系ジュニアハイスクールに通うフランシス(エミール・ハーシュ)と親友ティム(キーラン・カルキン)ら4人組。問題児の彼らは保守的な学校で常にトラブルを起こし、校長のシスター・アサンプタ(ジョディ・フォスター)を怒らせていた……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THR DANGEROUS LIVES OF ALTAR BOYS
製作国
アメリカ
配給
  • ギャガ・ヒューマックス共同配給
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR、ドルビーデジタル
(みゆき座他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]