シネマトゥデイ

運命の女 (2002)

1月11日公開 124分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
運命の女
(C)2002 TWENTIETH CENTURY FOX

見どころ

『危険な情事』のエイドリアン・ラインの新作。リチャード・ギアとダイアン・レイン、フランスの"ブラピ"ことオリヴィエ・マルティネスという豪華なキャスティングである。行きずりの若い男と情事を重ねる妻、それに気づいた夫の怒り、そして予想外の衝撃的な事件が、大胆な性描写と共にサスペンスフルに展開する。視点を妻と夫の両方に置き換えながら、物語は最終的に夫婦の試練に迫っていく。リチャード・ギアが"普通の夫"役で新境地を開いたことも話題。

あらすじ

会社を経営する夫エドワード(リチャード・ギア)とその妻コニー(ダイアン・レイン)。ある日、コニーが青年(オリヴィエ・マルティネス)と衝突して転倒、彼の家で手当てを受ける。以来、彼と密会を続ける妻の様子にエドワードが気づき……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
UNFAITHFUL
製作国
アメリカ
配給
  • 20世紀フォックス映画
ビスタ・サイズ/ドルビーSR・SRD,DTS
(日比谷映画他全国東宝洋画系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]