シネマトゥデイ

ウェルカム!ヘヴン (2001)

1月25日公開 108分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ウェルカム!ヘヴン

見どころ

ペネロペ・クルスとビクトリア・アブリル。スペインが生んだ大スターを主演に、地獄の使者と天国の使者が1つの魂を巡って火花を散らす、奇想天外なストーリー。天国、地獄、地上と場面転換を繰り返し、多国言語が飛び交う舞台設定。そんな斬新で奇抜なアイディアに加え、主演2人が互いに今までのイメージを覆すキャラクターに扮しているのが魅力。最後にはペネロペ演じる地獄の使者の驚きの正体も明かされる。リピーター続出も期待される注目作。

あらすじ

昇天する魂の激減に悩む天国と、墜ちてくる魂の多さに手を焼く地獄。天国は、あるボクサーの魂を手に入れるよう美しい使者ロラ(ビクトリア・アブリル)を地上に送り込むが、そこへセクシーな地獄の使者カルメン(ペネロペ・クルス)が現われる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
SIN NOTICIAS DE DIOS
製作国
スペイン・フランス・イタリア
配給
  • クレスト・インターナショナル
  • 東京テアトル
カラー・モノクロ/ドルビーデジタル/シネマスコープ
(シネセゾン渋谷)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]