シネマトゥデイ

24アワー・パーティ・ピープル (2002)

3月22日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
24アワー・パーティ・ピープル

見どころ

『ひかりのまち』の鬼才マイケル・ウィンターボトムが、英国ロックシーンの裏側を愛情たっぷりに綴った音楽映画。実在のレコード会社“ファクトリー”の創立者トニー・ウィルソンの生き様と、ロックシーンに多大な影響を与えた“マンチェスター・ムーヴメント”の発端を描き上げることにより、音楽に情熱を傾けた者たちの栄光と挫折を見つめる。ニュー・オーダーら人気バンドにまつわる裏話でロックファンを楽しませる一方、上質な青春映画として万人の心に訴える作りとなっている。

あらすじ

1976年、英国のマンチェスター。セックス・ピストルズのライブに触発されたTVレポーターのトニー(スティーヴ・クーガン)は、自身のレコード会社“ファクトリー”を設立。社のアーティストとしてジョイ・ディヴィジョンなるバンドと契約を交わし、彼らを大ヒットへと導いていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
24 HOUR PARTY PEOPLE
製作国
イギリス
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(シネセゾン渋谷他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]