斎藤工&板谷由夏『泣く子はいねぇが』などイチオシ映画談

はみだし映画工房

(C)WOWOW

 最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは、『タイトル、拒絶』『ホモ・サピエンスの涙』『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』『詩人の恋』『泣く子はいねぇが』の5本。

 中井圭が『泣く子はいねぇが』を大人って何? 親の責任って何? と突き付けられると絶賛!

「はみだし映画工房」とは……WOWOWシネマで放送中の映画情報番組「映画工房」とシネマトゥデイとのコラボ企画。無類の映画好きの斎藤工板谷由夏、そして映画解説者の中井圭が、最新の劇場公開作品について毎回ゆるいトークを繰り広げます。

“はみだし”ていない方、毎週金曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

[PR]

11月中下旬のイチオシ作品はコレ!

『タイトル、拒絶』11月13日公開

 『今夜新宿で、彼女は、』などの山田佳奈が2013年に上演した舞台劇を、自身で監督を務めて映画化したヒューマンドラマ。セックスワーカーとして生きる女性たちの姿を描く。 【⇒作品情報はこちら】

『ホモ・サピエンスの涙』11月20日公開

 『散歩する惑星』『さよなら、人類』などのロイ・アンダーソンが監督を務めた異色のドラマ。年齢も性別も時代も違う人々が織り成す笑いと涙の物語が、ワンシーンワンカット撮影や手描きの背景画、模型の使用といった独特の手法でつづられていく。 【⇒作品情報はこちら】

『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』11月13日公開

 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』などのLAIKAによるストップモーションアニメ。ある研究者が、人類の遠い祖先だという生きる化石と一緒に旅に出る。監督は『パラノーマン ブライス・ホローの謎』などのクリス・バトラー。 【⇒作品情報はこちら】

『詩人の恋』11月13日公開

 『息もできない』や『あゝ、荒野』シリーズなどのヤン・イクチュンが主人公を演じたラブストーリー。スランプに陥ってしまった詩人が、妻がありながら孤独な青年に惹(ひ)かれていく様子を通して、愛や夫婦の意味を問いかける。 【⇒作品情報はこちら】

[PR]

『泣く子はいねぇが』11月20日公開

 『ガンバレとかうるせぇ』などの佐藤快磨が、オリジナル脚本でメガホンを取ったドラマ。秋田・男鹿半島の伝統行事なまはげを題材に、いつまでも大人になりきれない若者たちが迷いながら成長していく過程を描く。 【⇒作品情報はこちら】

【シネマトゥデイ厳選7作品はこちら!】
『さくら』(11月13日公開)
『詩人の恋』(11月13日公開)
『タイトル、拒絶』(11月13日公開)
『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』(11月13日公開)
『ばるぼら』(11月20日公開)
『ホモ・サピエンスの涙』(11月20日公開)
『泣く子はいねぇが』(11月20日公開)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]