BORDER LINE (2002)

6月28日公開 118分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
BORDER LINE

見どころ

ぴあ主催「PFFアワード2000」においてグランプリを獲得した期待の新人、李相日監督による初の長篇。前作『青~chong~』は卒業制作の域を超えた完成度の高さが絶賛され4賞を受賞するという快挙を成し遂げた。卓越した脚本と、間を大切にした映像が光る本作は、世代も生活環境も全く異なる人物たちが、運命的な偶然を重ねて引き寄せられていくロード・ムービー。現代の社会問題がテーマで、“暗”の要素が映画の大半を占めているが、“明”の部分をさりげなくユーモラスにちりばめ、爽やかな希望へと繋いでいる。

あらすじ

工業高校に通う周史(沢木哲)は授業中に作業着に着替えないことで教室の隅に立たされていた。すべてのことに意味を見出せず、いらだつ周史。ある日、飲んだくれのタクシー運転手黒崎(村上淳)の車にぶつかり同乗することに。ラジオからは父親殺害の容疑者である17歳の少年についてのニュースが流れていた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
BORDER LINE
製作国
日本
配給
  • ぴあPPF事務局
カラー/ビスタサイズ
(ユーロスペース )
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]