シネマトゥデイ

さよなら、クロ (2003)

7月5日公開 109分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
さよなら、クロ
(C)2003 シネカノン/電通/衛星劇場

見どころ

1961年から10年余り長野県松本市の深志高校に住み着き、職員名簿にまで登録された野良犬クロ。死んで学校葬が行われた時は何千人もの弔問客が訪れたという実話を基に、『バタアシ金魚』の松岡錠司監督が映画化。クロとともに成長していく生徒たちのほろ苦い青春、クロに癒されていく職員たちの心情を温かく描き出した。『ウォーターボーイズ』の妻夫木聡、『のど自慢』の伊藤歩、『青い春』の新井浩文ら期待の若手俳優が結集したキャストにも要注目。

あらすじ

高校に迷い込んだ1匹のメスの野良犬。亮介(妻夫木聡)や雪子(伊藤歩)、孝二(新井浩文)ら生徒たちの人気者になり、クロと名づけられ学校に住み着いてしまう。校内を自由に闊歩するクロは、学校の皆にとって欠かせない存在となってゆく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シネカノン
カラー/ビスタサイズ/DTSステレオ
(銀座シネ・ラ・セット)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]