『スノープリンス』松岡監督、浅野忠信や妻夫木聡に「たまにはおごれ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
松岡錠司監督

 22日、新宿ピカデリーで映画『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』スペシャルトークイベントが開催され、松岡錠司監督が登壇。本作の魅力についてたっぷりと語った。

映画『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』写真ギャラリー

 松岡監督といえば、映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞監督賞を受賞した名匠。映画『バタアシ金魚』では浅野忠信、映画『さよなら、クロ』では妻夫木聡といった具合に、監督の映画出演後にブレイクした俳優が多い。

[PR]

 松岡監督は「先見の明があったと思ったことはないですが、たまにはおごれよとは思いますね(笑)! もちろん僕が彼らを育てたわけではないですが、いい時期に出会えて、信頼関係を築くことができた」とコメント。その言葉を裏付けるように、本作では浅野が出演を快諾。「今回は望み通りのキャスティング。浅野も自分がしゃしゃり出るのではなく、(主演の森本慎太郎を)うまく見守ってくれた。監督としては救われますね」と満足げ。

 そんな松岡監督が「目力があったし、たたずまいがいい。そういうところが僕の心をとらえた」と絶賛するのが、本作の主演を務めた12歳のジャニーズJr.森本だ。「一緒にいると、女の子たちがキャーキャー言うんですよ。ものすごく違和感がありました(笑)」とその人気ぶりに改めて驚いている様子だった。

 『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』は、昭和初期の寒村を舞台に、貧しい家に生まれた少年と裕福な家に生まれた少女、そして一匹の犬が織り成すピュアで切ないストーリー。

映画『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]