シネマトゥデイ

シモーヌ (2002)

9月13日公開 117分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

ハリウッドの過剰なスター崇拝を皮肉ったコメディ。『ガタカ』の新鋭監督が、CG技術によって生み出された完全無欠の女優と、その周りに群がるハイエナのような映画関係者のドタバタ劇で、毒のある笑いを振りまく。シモーヌに翻弄される映画監督役に名優、アル・パチーノ。シモーヌを産み出すきっかけになった、わがまま女優にウィノナ・ライダー。自分が創造したCG女優の名声に目が眩み、次第にドツボにはまる男と、偽者に狂喜する人間の愚かさが滑稽で面白い。

あらすじ

落ち目のタランスキー監督(アル・パチーノ)は、全てが自分の思うままのCG女優シモーヌ(レイチェル・ロバーツ)を生み出す。人前に姿を現さない彼女の人気は高まり、世界中が生身の彼女を熱望する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
SIMONE
製作国
アメリカ
配給
  • ギャガ・ヒューマックス共同配給
カラー/シネマスコープ/ドルビーSR・dts・SDDS
(全国東宝系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]