ルールズ・オブ・アトラクション (2002)

11月15日公開 108分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ルールズ・オブ・アトラクション

見どころ

『レス・ザン・ゼロ』『アメリカン・サイコ』で知られる現代米文学の雄ブレット・イーストン・エリスの著作を映画化。『パルプ・フィクション』の共同脚本家でもあるロジャー・エイヴァリーが監督を務め、欲望と虚無感の狭間でもがく若者たちの姿をスパイスのきいた映像処理と共にスクリーンに映し出す。キャストには、『ドーソンズ・クリーク』のジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク、『ドリヴン』のキップ・パルデュー、『ブルークラッシュ』のケイト・ボスワースといった若手実力派スターが勢揃い。

あらすじ

アメリカ東部の一流芸術大学に通うローレン(シャニン・ソサモン)。彼女はヨーロッパ旅行中の彼氏ヴィクター(キップ・パルデュー)の帰国と同時に処女を捨てようと決めていたが、麻薬の売人でもある学生ショーン(ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク)と知り合い……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE RULES OF ATTRACTION
製作国
アメリカ
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR、ドルビーデジタル
(シネクイント)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]