シネマトゥデイ

ニューオーリンズ・トライアル (2003)

1月31日公開 128分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

弁護士でもあるベストセラー作家ジョン・グリシャム原作の陪審制度に焦点を当てた法廷劇。主演は『マルコヴィッチの穴』のジョン・キューザック。共演は『ハムナプトラ』のレイチェル・ワイズ、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のジーン・ハックマン、『ムーライト・マイル』のダスティン・ホフマン。大胆に脚色がなされ、原作小説をしのぐスリリングなドラマに仕上がっている。ハックマンとホフマンの好対照な演技も説得力充分。

あらすじ

銃で殺害された男の妻が銃会社の責任を求めて訴訟を起こした。銃会社はコンサルタントのフィッチ(ジーン・ハックマン)を雇って陪審員たちを操ろうとする。だが身元不明の陪審員ニック(ジョン・キューザック)が陪審員たちをコントロールし始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
RUNAWAY JURY
配給
  • 東宝東和
カラー/シネマスコープサイズ/SRD、SDDS
(日比谷映画 他東宝系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]