18歳以上がご覧になれます

花と蛇 (2003)

2004年3月13日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
花と蛇

見どころ

SMの巨匠、団鬼六の代表作を映画化。貞淑な女性が調教され、自分の中のM開花させてゆくストーリー。レイプ、レズ、刺青、荒縄緊縛、ロウソク、放尿といった過激なプレイを杉本彩が体当たりで演じる。監督は杉本自身がリクエストした石井隆。主人公を捕獲しようとする老人を石橋蓮司が演じるほか、石井作品ではおなじみの名脇役・伊藤洋三郎がさまざまなコスチュームのピエロ男に扮し、物語のアングラ色を際立たせている。

あらすじ

実業家・遠山(野村宏伸)の妻・静子(杉本彩)は世界的なタンゴダンサー。彼女の美しさに目をつけた“昭和の巨魁”と呼ばれる老人・田代一平(石橋蓮司)は暴力団組長・森田(遠藤憲一)に彼女の捕獲を命じる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
原作
企画
プロデューサー
照明
美術
緊縛指導

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 東映ビデオ
カラー
(銀座シネパトス)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]