シネマトゥデイ

地球で最後のふたり (2003)

2004年7月31日公開 107分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
地球で最後のふたり

見どころ

浅野忠信がベネチア国際映画祭「コントロコレンテ部門」主演男優賞を受賞したラブストーリー。浅野が演じたのは感情をなかなか表に出さないミステリアスな男。彼が少しづつ心を開いていく様子を絶妙なさじ加減で演じているのが印象的だ。監督は『6IXTYNIN9』『わすれな歌』で知られるタイの新鋭、ペンエーグ・ラッタナルアーン。またクリストファー・ドイルが撮影を担当し、タイならではの色彩をみごとに捉えている。

あらすじ

潔癖症のケンジ(浅野忠信)はノイ(シニター・ブンヤサック)の散らかり放題の家に転がり込む。彼女は妹を事故で失い、ケンジはヤクザの兄を殺されたばかりだった。やがてケンジはノイの家を熱心に掃除し始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
Last Lifi in the Universe
製作国
タイ・日本・オランダ・フランス・シンガポール
配給
  • クロックワークス 
カラー/アメリカンビスタ/ドルビーSR・SRD
(CINE AMUSE EAST&WEST)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]