シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ペンエーグ・ラッタナルアーン」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全3件)

インビジブル・ウェーブ
『地球で最後のふたり』のペンエーグ・ラッタナルアーン監督と浅野忠信が再びタッグを組んだ、不思議な魅力に満ちたロードムービー。愛する女性を自らの手で殺めてしまった...
2007年5月26日公開
地球で最後のふたり
浅野忠信がベネチア国際映画祭「コントロコレンテ部門」主演男優賞を受賞したラブストーリー。浅野が演じたのは感情をなかなか表に出さないミステリアスな男。彼が少しづつ...9』『わすれな歌』で知られるタイの新鋭、ペンエーグ・ラッタナルアーン。またクリストファー・ドイルが撮影を担当...
2004年7月31日公開
わすれな歌
運命のいたずらで離ればなれなってしまった青年と彼を故郷で待ち続ける妻の切ないノスタルジック・ラヴ・ストーリー。タイ、アユタヤの美しい自然を舞台に人生で一番大切な...
2002年12月21日公開

特集・連載記事 (全4件)

【ぐるっと!世界の映画祭】ジェレミー・レナーが今年の顔に!マカオ国際映画祭が新たな船出(中国)
!main 【第66回】 昨年の初回開催直前にディレクターが辞任するという波乱の幕開けとなったマカオ国際映画祭。果たして今後も続けるのか? と不安視されていたが、仕切り直し...ブリック監督『2001年宇宙の旅』(1968) ■ペンエーグ・ラッタナルアーン監督セレクト ロバート・ハーメル監督『カ...
2018年1月28日掲載
【ぐるっと!世界の映画祭】高橋一生・斎藤工・リリーがトリプル受賞!日本ともゆかりの深いウラジオストク国際映画祭(ロシア)
!main 【第63回】 俳優・斎藤工が、本名の「齊藤工」名義で監督を務めた『blank13』(来年2月3日公開)が最優秀男優賞をトリプル受賞(高橋一生、リリー・フランキー、斎藤...監督である韓国のキム・ギドク監督、タイのペンエーグ・ラッタナルアーン監督らが参加しており、交流の場となってい...
2017年10月29日掲載
【第24回東京国際映画祭】コンペ部門 作品紹介
10月22日から、第24回東京国際映画祭が開幕! コンペティション部門には15作品がノミネート。日本からは沖田修一監督の『キツツキと雨』が選出され、最高賞の東京 サクラ グ...『ヘッドショット』 製作国: タイ 監 督: ペンエーグ・ラッタナルアーン 出 演: ノッパチャイ・ジャヤナマ、セリ...
2011年10月21日掲載

映画ニュース (全7件)

齊藤工監督、初のホラー作品で世界へ踏み出す
俳優・斎藤工が、アーティスト名である「齊藤工」として監督したオムニバスドラマ「タタミ(原題) / TATAMI」が、世界三大ファンタスティック映画祭の一つである第51回シッ...I マンガに革命を起こした男』)、タイのペンエーグ・ラッタナルアーン監督(『地球で最後のふたり』)、マレーシ...
2018年10月9日掲載
タイの海賊版ビデオ店に迫った映画が話題 “あの店長の店”が映画界に与えた影響とは?
開催中の第11回大阪アジアン映画祭で、『地球で最後のふたり』(2003)のペンエーグ・ラッタナルアーン監督らタイ・ニューウェーブの監督たちに多大な影響を与えた海賊版ビ...
2016年3月11日掲載
オダギリジョー出演、映画『マイウェイ 12,000キロの真実』がベルリン国際映画祭に出品決定
第62回ベルリン国際映画祭で、オダギリジョー出演映画『マイウェイ 12,000キロの真実』の招待出品が決定した。大作、話題作がそろうパノラマ部門での上映となる。韓国のカン...地球で最後のふたり』などで知られるタイのペンエーグ・ラッタナルアーンペンエーグ監督の映画『ヘッドショット』な...
2012年1月5日掲載
世界的プロジェクト、一度だけしか上映しない映像 「零年における60秒の孤独」作家に河瀬直美監督、青山真治監督、石井岳龍が選出
今夏、北欧のエストニア共和国タリン市で行われる一大映像イベント「零年における60秒の孤独」の概要がこのほど、第64回カンヌ国際映画祭に参加しているNPO団体「60sec」か...ら発表された。同プロジェクトにはタイのペンエーグ・ラッタナルアーン監督ら地元の映像作家など世界から約30人の...
2011年5月20日掲載
既婚者ワッキー、タイの美人女優に猛烈アピール!?
シネマート六本木にてタイ映画祭「タイ式シネマ☆パラダイス」が行われ、初日となった31日、特別ゲストとしてお笑い芸人のワッキーが登場した。会場にはタイのイケメン俳優ア...i/> {link text="【関連記事】浅野忠信、ペンエーグ・ラッタナルアーン監督、プラープダー・ユン単独インタビュー...
2008年6月2日掲載
浅野忠信、アカデミー賞ノミネート作品から携帯まで映画への野望
主演映画『モンゴル』が第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、ノリにノッている浅野忠信。2007年はタイの監督ペンエーグ・ラッタナルアーンの『インビジブル・...
2008年1月23日掲載
【第56回ベルリン国際映画祭】いよいよ開幕!期待の日本映画は?
カンヌ、ヴェネチアとならんで世界3大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭が、2月9日より19日までベルリンで開催される。 今年は最高賞にあたる金熊賞の候補になるコン...される可能性は高い。 また、コンペ部門のペンエーグ・ラッタナルアーン監督の『インビジブル・ウエーブズ』には俳...
2006年2月9日掲載