シネマトゥデイ

17歳の処方箋 (2002)

2004年9月11日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
17歳の処方箋

見どころ

モントリオール国際映画祭グランプリノミネートをはじめ、数々の賞をノミネート&受賞し、公開されるやいなや批評家たちから“現代版のライ麦畑でつかまえて”と大絶賛された青春映画。『10日間で男を上手にフル方法』の脚本家バー・スティアーズの初監督作品で、キーラン・カルキンとスーザン・サランドンが2003年度ゴールデングローブ賞コメディ/ミュージカル部門でそれぞれ主演男優、助演女優賞にノミネートされた。また、主人公の幼い頃をキーランの弟のロリー・カルキンが演じている。

あらすじ

高校を退学になったイグビー(キーラン・カルキン)は、入学させられられた士官学校でも問題を起こし退学になってしまう。家出するごとに失敗し、うんざりする毎日を送っていたが名付け親の通称D.Hの元で働くことになり……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
IGBY GOES DOWN
製作国
アメリカ
配給
  • エスピーオー
カラー/シネマスコープ/ドルビー・デジタル
(銀座シネパトス)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]