シネマトゥデイ

ガーフィールド (2004)

2004年10月1日公開 81分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガーフィールド

見どころ

コミックやアニメでおなじみの人気猫キャラクター、ガーフィールドが3DーCGとなって、実写版映画に登場。まるで本物の猫のように、いきいきとスクリーンを動き回る。滑らかな毛並みやでっぷりしたお腹はリアルな猫そのもの。コミカルで皮肉たっぷりの彼の声は、字幕版では『ロスト・イン・トランスレーション』のビル・マーレイ、吹替版では藤井隆が担当している。共演した本物の猫や犬たちも人間顔負けの演技派ぞろいで、愛らしい。

あらすじ

新しくやってきた小犬オーディに飼い主ジョン(ブレッキン・メイヤー)の関心を奪 われてしまったガーフィールド。嫉妬した彼は、オーディにいじわるばかり。やがて、それがきっかけでオーディは家出してしまうはめに。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
GARFIELD
製作国
アメリカ
配給
  • 20世紀フォックス映画
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR・SRD・DTS
(みゆき座 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]