シネマトゥデイ

透光の樹 (2003)

2004年10月30日公開 121分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
透光の樹
(C)2004「透光の樹」製作委員会

見どころ

谷崎潤一郎賞を受賞した高樹のぶ子のベストセラー小説を、『絆ーきずなー』の根岸吉太郎監督が余情たっぷりに描いた大人のラブストーリー。魅力的なヒロインには秋吉久美子が扮し、共演の永島敏行と狂おしいまでの純愛を体当たりで演じきった。また同作は、アジア太平洋映画祭で最優秀脚本賞を受賞、作品の完成度は折り紙付き。

あらすじ

山崎千桐(秋吉久美子)は父(高橋昌也)と娘の3人で暮らし、借金返済のため苦しい日々を送っていた。ある日、25年前に思いを寄せていた今井(永島敏行)と再会した千桐は、今井に自分を買ってほしいと申し出る。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シネカノン
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR/R-18
(シネカノン 他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]