知る人ぞ知る、日本映画批評家大賞の激レア授賞式

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
めったに見ることができない貴重なスリーショット(写真左から)千葉真一、加山雄三、里見浩太朗

2日、第15回日本映画批評家大賞の授賞式が、カナダ大使館にて開催された。司会は映画評論家の水野晴郎が司会を務め、会場には倍賞千恵子田中裕子市川染五郎ら日本を代表する豪華俳優陣らがぞくぞくと登場した。

日本映画の発展に貢献した俳優に贈られるゴールデン・グローリー賞を受賞したのは、千葉真一加山雄三里見浩太朗、倍賞千恵子らベテラン俳優4名。加山は「ぼくは今まで賞を受賞した経験が1度しかない。今回が2度目です。本当に“ショウ”がない俳優です」と照れ隠しにジョークを披露。里見まで「ぼくも2度目です!」と仲良く“ショウ”がない俳優ぶりをアピールした。

日本映画批評家大賞の名はあまり知られていないが、数名の映画評論家たちで構成された組織で、個性的で優れた作品を称える授賞式だ。一般的な授賞式は多数決で決められるため、どうしても1つの優秀な作品がさまざまな賞を独占する傾向にある。そのことを嘆いた日本映画批評家大賞選考メンバーらが、「3、4番手の優秀な映画人たちに光を!」の精神で選び抜いた受賞者たちは、通好みの味のある演技を見せた映画人ばかりだった。

 そのほか、『透光の樹井川遥、『カーテンコール藤井隆、「リトルショップ・オブ・ホラーズ」山本耕史上原多香子らが登壇した。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]