女は男の未来だ (2004)

2005年10月29日公開 88分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
女は男の未来だ

見どころ

“韓国のゴダール”と呼ばれるほどヨーロッパで絶大な人気を誇るホン・サンス監督が、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品した意欲作。『南極日誌』のユ・ジテ、『JSA』のキム・テウ、『スカーレットレター』のソン・ヒョナが、揺れ動く男女の三角関係をリアルに演じた。本作はシナリオなしで挑むホン・サンス監督特有の方法で撮影されているため、臨場感たっぷりの人間ドラマを感じることができる。

あらすじ

久しぶりに再会した学生時代の友人ムノ(ユ・ジテ)とホンジュン(キム・テウ)は、昔話に花を咲かせるうちに、ソナ(ソン・ヒョナ)という女性のことを思い出していた……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LA FEMME EST L’AVENIR DE L’HOMME
製作国
韓国/フランス
配給
  • ビターズ・エンド
カラー/1:1.85/ドルビーSRD
(新宿武蔵野館)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]