シネマトゥデイ

ピーカン夫婦 (2005)

2005年7月2日公開 76分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ピーカン夫婦
(C)2004 フルモーション

見どころ

外でしか体を許さない妻と皮肉屋で嫌われ者の音楽ディレクターの夫が織り成すエロスを描いた作品。監督は『プウテンノツキ』の元木隆史。『ばかのハコ船』『リアリズムの宿』の山本剛史が本作でついに商業映画初主演を飾っている。共演は篠山紀信の「アカルイハダカ」で衝撃のヌードを発表した、のはら歩。独自のリリカルな視点と確かな演出力で、至高のエロティシズムを描き出す。

あらすじ

レコード会社のディレクター尾藤(山本剛史)は、光子(のはら歩)という女性と激しく愛し合い、結婚をした。ところが結婚から1か月、なぜか光子は尾藤の夜の求めに応じてくれない。尾藤が問い詰めた結果、光子は自分が外でしかできない女であることを告白するのだった。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
製作・原案・脚本
プロデューサー
撮影
編集
音楽

映画詳細データ

製作国
日本
カラー/ステレオHi-Fi/ヴィスタサイズ
(UPLINK X)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]