カミュなんて知らない (2005)

2006年1月14日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
カミュなんて知らない
(C) 「カミュなんて知らない」製作委員会

見どころ

『さらば愛しき大地』や『火まつり』の柳町光男監督が、映画製作の現場を大学のキャンパスに移して描く青春物語。1本の作品を通して錯綜する学生たちの人間模様が興味深い。優柔不断な監督役に『きょうのできごと』の柏原収史。彼を狂おしいまでに愛する恋人役に久々のスクリーン登場となる吉川ひなの。『ベニスに死す』や『アデルの恋の物語』などの名作へのオマージュが捧げられた、映画好きにはたまらない一本。

あらすじ

大学の授業で“不条理殺人”をテーマにした映画を撮ることになる。撮影開始を前に監督の直樹(柏原収史)は恋人のユカリ(吉川ひなの)につきまとわれ、助監督の喜代子(前田愛)は主役探しに奔走する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
WHO'S CAMUS ANYWAY?
製作国
日本
配給
  • ワコー
  • グアパ・グアポ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR
(ユーロスペース)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]