米アカデミー賞よりも歴史が長い!「第80回キネマ旬報ベスト・テン」発表!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
【2006年度外国映画ベスト・テン】部門1位の父親たちの星条旗』 - (C) 2006 Warner Bros. Entertainment Inc. and DreamWorks L.L.C.

 1919(大正8)年に創刊され、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇るキネマ旬報が、「第80回キネマ旬報ベスト・テン」を発表した。さまざまな映画のベストテンが発表されていく中、日本の歴史の中で戦争をはさみ、今も続いているこのベスト・テンは日本で一番重みのある映画の賞と言ってもいい。また、米アカデミー賞が今年で第79回を迎えるが、比較しても第80回を迎えるこの「キネマ旬報ベスト・テン」は世界的にも歴史が長いということになる。授賞者と作品は下記のとおり。

【2006年度日本映画ベスト・テン】
1位 『フラガール』
2位 『ゆれる』
3位 『雪に願うこと』
4位 『紙屋悦子の青春』
5位 『武士の一分』
6位 『嫌われ松子の一生』
7位 『博士の愛した数式』
8位 『明日の記憶』
9位 『かもめ食堂』
10位 『カミュなんて知らない』
次点 『ストロベリーショートケイクス』

【2006年度外国映画ベスト・テン】
1位 『父親たちの星条旗』
2位 『硫黄島からの手紙』
3位 『グエムル ハンガン漢江の怪物』
4位 『ブロークバック・マウンテン』
5位 『麦の穂をゆらす風』
6位 『太陽』
7位 『カポーティ』
8位 『グッドナイト&グッドラック』
8位 『クラッシュ』
10位 『マッチポイント』
次点 『ユナイテッド93』

[PR]

【2006年度文化映画ベスト・テン】
1位 『あの鷹巣町の その後』
2位 『蟻の兵隊』
3位 『プージェー』
4位 『六ヶ所村ラプソディー』
5位 『ありがとう 奈緒ちゃん 自立への25年』
6位 『今、有明海は 消えゆく漁撈習俗の記録』
7位 『ヨコハマメリー』
8位 『三池 終わらないやま炭鉱の物語』
9位 『ディア・ピョンヤン』
10位 『戦争をしない国 日本』

なお、読者選出ベスト・テン〈日本映画〉〈外国映画〉、キネマ旬報読者賞は、2月5日発売の「キネマ旬報」2月下旬決算特別号にて発表される。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]