シネマトゥデイ

日掛け金融地獄伝 こまねずみ常次朗 (2006)

2006年7月8日公開 80分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日掛け金融地獄伝 こまねずみ常次朗
(C) 2006 青木雄次・秋月戸市・吉本浩二/小学館/アートポート

見どころ

「ナニワ金融道」の青木雄二が監修を手がけ、秋月戸市の原作、吉本浩二の作画による人気コミックを映画化。“日掛け金融”という特殊な世界を題材に、借金地獄に陥った男の姿を描く。気が小さくてお人好しの常次朗に、『転がれ!たま子』などで役者としても活躍するお笑いタレント与座嘉秋がふんする。猫柄スーツに身を包み、コテコテの博多弁で主人公を追い詰める貸金業者・猫本にふんした、元チェッカーズの高杢禎彦の悪人ぶりも見もの。

あらすじ

バーの経営に行き詰まり、日掛け金融に手を出した常次朗(与座嘉秋)は、取り立て屋の猫本(高杢禎彦)になじられてばかりいた。そんな借金地獄から脱け出すため、バーを辞めて風俗店に転業したいと猫本に相談する。親切に面倒を見てくれる猫本に常次朗は喜ぶが、それこそ猫本が仕組んだ罠で、常次朗は更なる借金地獄に陥ってしまう。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • アートポート
カラー/ビスタサイズ
(アップリンクファクトリー)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]