機械じかけの小児病棟 (2005)

2006年7月15日公開 102分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
機械じかけの小児病棟
(C) 2005 CASTELAO PRODUCTIONS S.A / JUST FILMS S.L. UTE

見どころ

100年近い歴史を持つ小児病院を舞台にしたホラー映画。次々に起こる奇妙な超常現象から、子どもたちを必死で守ろうとする看護士の恐怖体験を描く。人気TVドラマ「アリーmyラブ」のキャリスタ・フロックハートが、気の強いナースを体当たりで演じている。監督は『ダークネス』などのスペインホラーの巨匠、ジャウマ・バラゲロ。薄暗い病棟でじわじわと看護士と子供たちを追い詰めていく手腕は必見。単なるの恐怖映画で終わらず、感動的な結末に仕上げたストーリー展開も秀逸だ。

あらすじ

エイミー(キャリスタ・フロックハート)は、イギリスのワイト島にある閉院間近の小児病院に夜勤看護士として雇われる。同僚のヘレン(エレナ・アラヤ)と交代し、彼女は勤務についたが、初日の夜に大きな物音を聞く。患者のマギー(ヤスミン・マーフィー)は、シャーロットという霊の存在を彼女に打ち明けるが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
FRAGILE
製作国
スペイン
配給
  • ザナドゥー
カラー/シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル
(シネマスクエアとうきゅう)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]